1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 経済学部
  6. 総合政策学科
  7. 松本健一准教授の研究成果が複数の国際学術誌に掲載されました。

松本健一准教授の研究成果が複数の国際学術誌に掲載されました。

松本健一准教授の研究成果が複数の国際学術誌から出版されました。

  • lZhang, T., Matsumoto, K., and Nakagawa, K. (2021) The Relative Importance of Determinants of the Solar Photovoltaic Industry in China: Analyses by the Diamond Model and Analytic Hierarchy Process. Energies 14(20), 6600(論文のアクセスはこちら

    【内容】中国における太陽光発電産業の競争力の決定要因を階層分析法により明らかにした研究

     

  • lHuang, Y. and Matsumoto, K. (2021) Drivers of the Change in Carbon Dioxide Emissions under the Progress of Urbanization in 30 Provinces in China: A Decomposition Analysis. Journal of Cleaner Production 332, 129000 (論文のアクセスはこちら

    【内容】中国30省を対象として、二酸化炭素の排出要因について都市化を中心として要因分解分析法により明らかにした研究

     

  • lMatsumoto, K. and Chen, Y. (2021) Industrial Eco-efficiency and its Determinants in China: A Two-stage Approach. Ecological Indicators 130, 108072 (論文のアクセスはこちら

    【内容】中国30省を対象として、工業部門における経済・環境効率性とその決定要因について、包絡分析法と計量経済分析により明らかにした研究

     

  • lIto, Y., Matsumoto, K., Usup, A., and Yamamoto, Y. (2021) A Sustainable Way of Agricultural Livelihood: Edible Bird’s Nests in Indonesia. Ecosystem Health and Sustainability 7, 1960200 (論文のアクセスはこちら

【内容】インドネシア・中央カリマンタンを対象に、森林面積とアナツバメの巣の生産性の関係を包絡分析法と計量経済分析により明らかにした研究