図書館資料案内


  1. 一般図書
  2. 雑誌
  3. 参考資料
  4. 新聞
  5. 視聴覚資料
  6. データベース
  7. 電子ジャーナル
  8. 電子ブック
  9. 閉架資料(マイクロ資料・貴重資料等)

1. 一般図書

開架書架に並んでいる図書の多くは「一般図書」です。館外貸出ができます。自動貸出返却装置(通称:ABC)で貸出手続きができます。

2. 雑誌

製本雑誌
雑誌の破損・散逸などを防ぐために1冊の本のように合冊製本したものを「製本雑誌」といいます。自動貸出返却装置(通称:ABC)で貸出手続きができます。

未製本雑誌
書店などで目にする製本されていない雑誌です。カウンターでのみ貸出手続きができます。
※受入した日付から1ヶ月間は貸出ができません。

3. 参考資料

辞書、百科事典、年鑑、統計、白書、地図など、調べ物をする時に利用する資料です。館内利用のみで館外貸出はできません。原則、請求記号の最初に「R」が付いています。

4. 新聞

朝日・読売・日経などの主要な新聞を取りそろえております。一定期間はバックナンバーも保管しており、縮刷版を所蔵しているものもあります。

5. 視聴覚資料

Blu-ray・DVD・CDなどがあり、館内で視聴できます。教育・研究用が主ですが、一部映画もあります。館外貸出のできる資料もあります。

6. データベース

図書館では、多種多様なオンラインデータベースを提供しています。オンラインデータベースとは、情報や資料を収集、分類、整理し、検索を効率化したものです。「するっとTRiTON」を利用して学術情報、新聞・雑誌記事、辞典・事典、法令・判例など、様々な情報を学内外から利用することができます(一部学内のみの利用)。データベースの利用についてを必ずご確認ください。

7. 電子ジャーナル

電子ジャーナルとは、主に学術雑誌が電子化されたもので、オンラインで利用できる雑誌です。パソコン・タブレット端末を使ってオンラインで簡単に本文を手に入れることができます。図書館ホームページ「電子ジャーナル」からアクセスしてください。

8. 電子ブック

電子ブックとは、書籍を電子ファイル化したもので、パソコン・タブレット端末にデータをダウンロードして画面で読むことができます。詳しくは電子ブックをご参照ください。

9. 閉架資料(マイクロ資料・貴重資料等)

開架書架に並んでいない資料を閉架資料といいます。利用方法についてはカウンターへお問い合わせください。
  • カウンター資料
    データベースのCD-ROMや、個人情報保護法の関係で書架に並べていない資料はカウンター等で保管しています。
    【対象所在】
    白山図書館:1Fカウンター・B1カウンター
    赤羽台図書館:カウンター
    川越図書館:カウンター・事務室管理
    板倉図書館:事務室管理

  • 保存書庫資料
    板倉図書館には利用者が直接入ることのできない保存書庫があります。OPACで取寄せ可能な資料もあります。利用方法はカウンターでお尋ねください。
    【対象所在】
    板倉保存:すべて

  • マイクロ資料
    マイクロフィルムリーダーという特殊な機器を使って利用できます。印刷には料金がかかります。(20円/1枚)
    【対象所在】
    白山図書館:B2マイクロ

  • 貴重資料
    一般には公開していない貴重な資料です。利用には事前申請が必要です。また複写等も制限があります。
    【対象所在】
    白山図書館:B2特殊資料・2F和綴書庫

※白山図書館2F書庫・白山特殊資料室・白山貴重書室に配架されている資料を利用する場合には、事前に利用の可否を判断いたしますので「資料利用許可願」に必要事項を記入の上、利用申請をしてください。
資料利用許可願