MENUCLOSE

【著作紹介】籠球五輪

[2020年6月更新]

籠球五輪

著者:谷釜 尋徳(法学部法律学科 教授) 【共著】
出版社:日東書院本社
出版年:2020年1月発行
価格:1,500円+税
ISBN:9784947553829
所蔵館:所蔵状況を確認する

内容:
1936年のベルリンから1964年の東京オリンピックまでの日本のバスケットボール史を語った本邦初の試みである。

執筆箇所:
第5章 「東京オリンピックにおける日本のバスケットボール」
第6章 「東京オリンピック以降の日本のバスケットボール」
「さいごに」

 

教員メッセージ

本書は、ベルリンオリンピック(1936)、メルボルンオリンピック(1956)、ローマオリンピック(1960)、東京オリンピック(1964)、ミュンヘンオリンピック(1972)、モントリオールオリンピック(1976)のバスケットボール日本代表の歴史を振り返ったもので、オリンピックを切り口に日本のバスケットボール史を語った本邦初の試みです。
日本のバスケットボール界は、その時々のプレーヤー、コーチ、協会関係者を中心に、できる限りの精一杯を尽くして世界と戦い続けてきました。
本書には、その激闘の足跡がありありと描かれています。
2020年、バスケットボール男子日本代表が44年ぶりにオリンピックの舞台に帰ってきます。
かつての日本代表の軌跡を知れば、2020年の東京オリンピック観戦はもっと「深み」を帯びてくるはずです。
オリンピックを前に、ぜひとも手に取っていただきたい一冊です。

[著者] 谷釜 尋徳(タニガマ ヒロノリ)

谷釜先生

東洋大学・法学部・法律学科教授。同大学バスケットボール部女子部ヘッドコーチ。
日本バスケットボール殿堂殿堂委員。
【学歴】
2005年04月 - 2008年03月, 日本体育大学大学院, 体育科学研究科, 博士後期課程
2003年04月 - 2005年03月, 日本体育大学大学院, 体育科学研究科, 博士前期課程
1999年04月 - 2003年03月, 日本体育大学, 体育学部, 体育学科
【学位】
博士(体育科学), 日本体育大学大学院

【経歴】
2017年04月 - 現在, 東洋大学 法学部 教授
2011年04月 - 2017年03月, 東洋大学 法学部, 准教授
2008年04月 - 2011年03月, 東洋大学 法学部, 専任講師

 

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(谷釜 尋徳教授)
動画で見るWeb体験授業 スポーツマンシップとは何か
【著作紹介】谷釜尋徳教授が『オリンピック・パラリンピックを哲学する オリンピアン育成の実際から社会的課題まで』を刊行
【著作紹介】スポーツビジネス概論2
【著作紹介】スポーツビジネス概論3
【著作紹介】バスケットボール学入門
江戸時代の旅と健康(東洋大学学術情報リポジトリ)