1. 東洋大学TOP
  2. 東洋大学附属図書館
  3. 東洋大学教員著作紹介
  4. 東洋大学教員著作紹介 2020年
  5. 【著作紹介】小鳥が歌う ―古いポルトガル語による聖母マリアの詩
MENUCLOSE

【著作紹介】小鳥が歌う ―古いポルトガル語による聖母マリアの詩

[2021年1月更新]

小鳥が歌う

著者:菊地 章太(ライフデザイン学部健康スポーツ学科 教授)
出版社:春風社
出版年:2020年9月発行
ISBN:9784861106941
所蔵状況を確認する

内容:
中世イベリア半島の吟遊詩人らが作り歌った古ポルトガル語詩、カンティーガ。和訳と解説で、当時の人々の聖母への思いを汲みあげる。

目次

はじめに — トロバドールの芸術

第1部 世俗の詩
1.愛のささやきのカンティーガ
2.愛の哀しみのカンティーガ
3.旅の愁いのカンティーガ
4.聖母を慕うカンティーガ

第2部 信仰の詩
1.聖母のトロバドールとして
2.奇跡と巡礼のカンティーガ
3.王の生涯のカンティーガ
4.聖母の祝祭のカンティーガ

おわりに – 中世イベリアの聖母信仰

 

教員メッセージ

中世ポルトガル語の宗教詩のアンソロジーです。井上円了記念研究助成をいただいて出版することができました。教職員のみなさまに感謝いたします。

[著者] 菊地 章太(キクチ ノリタカ)

菊地 章太先生

東洋大学 ライフデザイン学部 教授
1959年、横浜市生まれ。筑波大学卒業、トゥールーズ神学大学高等研究院留学、博士(文学)

【著書】
『奇跡の泉へ』(サンパウロ)
『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』(ちくま新書)
『エクスタシーの神学』(ちくま新書)
『悪魔という救い』(朝日新書)
『魔女とほうきと黒い猫』(角川ソフィア文庫)ほか多数。

 

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(菊地章太教授)
健康スポーツ学科教員紹介(菊地 章太)
【書籍紹介】菊地章太教授著「位牌の成立―儒教儀礼から仏教民俗へ」を出版しました