東洋牛久の文化祭の名は「創造祭」。9月に実施している年に一度のお祭りは生徒と来場客で毎年大盛り上がり!イベントを通じて、生徒達の創意工夫を凝らした企画の数々や本校の雰囲気を堪能いただけます。本ページでは2日間に渡って実施する飲食模擬店やステージイベント、各部活動の出し物や展示の様子など、現地での盛り上がりをスナップを通じてお届けします。

 

 

 

文化祭で定番人気を誇る飲食系の出し物。売れ残りなく、売上も計算しながら販売するにはどうすればよいかを生徒が主体となって考えます。毎年人気のアイスクリームやフランクフルトに加え、最近ではタピオカドリンクが大盛況。あっという間に売り切れてしまうので、気になる方は当日お早めに!

 

 

 

創造祭の中でもステージ発表はもっとも人気のあるイベントの一つ。部員約100名によるダンス部の圧巻のパフォーマンスや吹奏楽部&軽音楽研究部の音楽発表だけでなく、演劇部や落語同好会の演技披露まで!エンターテインメントにあふれたライブパフォーマンスが大きな感動を巻き起こしていました。

 

 

 

 

飲食出展に負けず劣らず賑わいをみせていたのが、文化系部活動を中心とした校内企画でした。大人に大人気だった茶道部による本格的な茶道教室では美味しい御抹茶と和菓子が味わえ、賑やかな創造祭の中でホッとした気持ちで休憩できる癒しの空間でした。また、美術部や書道同好会、華道部による迫力のある作品展示のかたわら、囲碁将棋部によるボードゲーム体験コーナーでは、校長先生と部員による一進一退の対局を発見!

 

 

 

創造祭は学習成果を披露するイベントでもあるんです。東洋大学理工学部と連携した建築模型コンテストでの入賞作品展示コーナーを発見!趣向を凝らした名作が一堂に集まる様子は迫力満点でした。中でも目玉は本校中学生による発表企画。もはや名物となっている「英語落語」や「演劇」は、お客さんで満員御礼状態!日々の学習に励んできた中学たちの勉学意欲をひしひしと感じました。

 

校内を歩いていると担任似顔絵展示コーナーを発見!プロ顔負けの本格的なものから、クスッと笑えるユーモアのあるものまで多種多様な作品が並んでいました。生徒に聞いてみると、この似顔絵はなんとクラス対抗のコンテストになっているんだとか。私が生徒だったらどれに一票を入れるか悩んでしまいそうです。