1. 附属牛久高等学校 >
  2. News >
  3. 【校長からのメッセージ】~在校生の皆さんへ

【校長からのメッセージ】~在校生の皆さんへ

【校長メッセージ】~在校生の皆さんへ~

新型コロナウィルス感染防止のため、4月8日の始業式は中止としました。
このため、在校生の皆さんへ校長のメッセージを掲載しました。

 


2020年4月  東洋大学附属牛久中学校・高等学校長 遠藤隆二

東洋牛久の生徒の皆さん、こんにちは!

4月から新しい学年での学校生活が始まる予定でしたが、始業式は中止となりましたので、皆さんにメッセージを送ることにしました。心の中で始業式を想定しながら、じっくり読んでほしいと思います。

新年度のケジメとなる始業式については、皆さんの生命・安全・健康を第一に考え、密集、密接、密閉を回避する対応策などを講じて実施する予定でしたが、ウィルス感染拡大の終息の気配が見られず、益々深刻になっている状況があります。政府の緊急事態宣言等もありました。このようなことから、誠に残念ですが、始業式は中止としました。事情を察していただき、ご理解下さい。

今、我が国を始め、世界中の人々が新型コロナウィルスの猛威に晒され、ウィルス感染の脅威に脅え、その対応に苦しんでいます。本校でも、この新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月2日(月)より臨時休校とし、終業式もできず、そのまま春休みに突入して現在に至っています。新型コロナウィルス感染は、残念ながら終息することなく、今も日に日に深刻な度合いを深めています。このため、先日ホームページでお知らせした通り、休校は5月6日(水)まで延長することにしました。

皆さんは、もう既に「昨年度の自分」を総括し、「これからの一年間」を展望して新しい気持ちで新年度の計画を立て、その実践を始めているのではないかと思います。俳人の高浜虚子が「春風や闘志を抱きて丘に立つ」と謳っています。「闘志」は「自分自身と闘う・強い気持ち」です。やる気満々の清々しい気持ちが伝わってきます。何に闘志を抱くかは、それぞれ違うでしょうけれども、皆さんそれぞれが、高浜虚子のように、「よーし、やってやろう!」という、今までとは違う強い気持ちになっているものと思います。「今までの自分とは違うぞ!自分は変わったんだ。もっと自分を変えてみせるぞ!」そういう気概をもって、一年間悔いのない、充実した生活を送ってほしいと思います。

橋本左内という人物を知っていますか? ヨーロッパのように「日本も一つの国にまとまるべきだ」として、当時の政権と敵対する言動を繰り返していたために、危険分子と見なされ、いわゆる「安政の大獄」で処刑された人物です。その橋本左内が、15歳の時に越前の国、今の福井県から、当時の西洋学の第一人者とされた大阪の緒方洪庵の「適塾」に入って、福沢諭吉や大村益次郎など、全国から集まってきた優秀な青年たちと肩を並べ、「さあ!これからは勉強だ!」と、自分の気持ちを奮い立たせ、鼓舞するために書いたメモが残っています。そのメモをかいつまんで、分かり易いように、今の言葉で紹介したいと思います。

 ➀「高い志と明確な目標」があってはじめて、自分を成長させ、自分を鍛えることができる。

 ②誘惑、苦難、そして自分に打ち勝つためには、心を、そして、根性を鍛えなければならない。

 ➂学ぶことは成長することだ。心を磨き、人格を高めるためには、多くのことを学ばねばならない。

 ➃甘えてはいけない。独り立ちをしろ!自分の失敗を人のせいにしてはいけない。

 ➄軽薄な人ではなく、勇気と根気をもった人、穏やかで慎み深い人、礼儀正しい人を友人として選べ。

以上が橋本左内の残した「五つの心得」です。私がこの「五つの心得」に出会ったのは、大学生の時でしたから、もう50年以上前になります。それから今までずっと気になってきましたから、「私の人生」にも影響を与えているような気がしています。

これからの社会は、今よりも変化が激しく、先行きが不透明で不確実なグローバル社会になることが予想されます。そのような社会では、幕末の混乱期を生きた橋本左内の「五つの心得」が、参考になるのではないかと思います。皆さんも、橋本左内のように、「自分自身を鼓舞する・自分を勇気づける言葉」を見つけて、進路希望を実現できるよう、頑張ってほしいと思います。とにかく、来年の今頃、自分の一年間を振り返った時に、「良かった」と言えるように、悔いのない生活を送ってほしいと思います。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本校では56日(水)までを休校とし、自宅学習になっています。自宅学習期間は、できるだけ外出を控え、新型コロナウィルス感染拡大防止策【密接・密集・密閉を避ける】【手洗い・うがい・消毒の励行、マスク着用・咳エチケットの順守、検温と体調管理の徹底など】を行うよう、お願いします。また、学校からの課題にはきちんと取り組むよう、お願いします。

 

以上、私からのメッセージとします。

皆さんの頑張りと活躍、そして充実した生活を期待しています。