1. 附属牛久高等学校 >
  2. News >
  3. 高校駅伝茨城大会 本校駅伝部が初優勝 全国高校駅伝大会へ出場決定

高校駅伝茨城大会 本校駅伝部が初優勝 全国高校駅伝大会へ出場決定

高校駅伝茨城大会 本校駅伝部が初優勝 全国高校駅伝大会へ出場決定

2019年10月31日(木)に行われた男子第70回県高校駅伝競走大会において、本校駅伝部が初優勝を果たしました。

昨年度敗れた悔しさを胸に挑んだ本大会ですが、いきなり1区の佐藤真優選手(3年・主将)が地力を発揮。各校のエースがそろう中、中盤以降に単独走。チーム全体に勢いを与え、主将として大きく貢献しました。

続く相沢駿輝選手(2年)が2区を順調に走り抜け、3区の伊藤圭音選手(2年)は区間賞を獲得。この時点で2位と2分14秒差をつけ、チームに大きな貯金を作りました。

その後の4~6区はいずれも1年生。先輩らがつくったタイム差と勢いに後押しされ、4区の大森由翔選手、5区の藤田大翔選手、6区の吉田勇磨選手が実力を発揮。きっちりタスキを繋ぎアンカーの岩田伊織選手(3年)に繋ぐことができました。岩田選手はチームの想いを一身に背負い、最後まで油断することなく快走。両手をあげて初優勝のゴールテープを切ることができました。

たくさんのご声援ありがとうございました。

なお、優勝した本校駅伝部は、12月22日に京都市で開かれる全国高校駅伝大会に茨城県代表として出場いたします。

引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。