1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. プログラミング講座を実施しました

プログラミング講座を実施しました

プログラミング講座を実施しました

6月22日(土)、東京工業大学・お茶の水女子大学の大学院生のご協力の下、中学1年生を対象としたプログラミング講座を実施しました。

レゴマインドストームを用いて「宇宙ゴミを掃除しよう!」というテーマのもと、紙コップをゴミと見立て、より多くのゴミを回収することを目標に、生徒たちは先生方から指導を受けプログラミングを楽しんでいました。


実際にロボットを動かしている様子


思っていた以上に生徒の呑み込みが早く、いざ作業になると班員それぞれが役割分担をして班で試行錯誤をしながら積極的に取り組んでいました。
班の中でiPadを使ってプログラミングをする人、レゴでロボットアームを作る人に分かれ、トライ&エラーを繰り返しながら、生徒たちは頑張っていました。
また、班ごとに個性があり、プログラミングにこだわる班やアームに力を入れる班など生徒たちの柔軟な思考力に驚かされる時間でした。


アームに力を注いでいる班

 


プログラムを頑張った結果たくさんのコップをGET!



この体験は、プログラミングを学ぶことだけでない、たくさんの「学び」を知ることができた体験になったと感じます。