1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. 英語落語発表会を実施しました(中学2年生)

英語落語発表会を実施しました(中学2年生)

英語落語発表会を実施しました(中学2年生)

2021年3月6日(土)本校講堂にて英語落語発表会を実施しました。
本校のグローバル教育の中核行事として,1期生から脈々と中学2年生に受け継がれている行事となります。

例年,英語落語は9月の創造祭で発表する行事ですが,今年度はコロナ禍の状況を踏まえて,3月の単独開催となりました。
中学2年生にとっては1年次に実施するはずだった学習発表会も中止となったため、保護者・在校生が入場しての大きな舞台での発表はこれが初めてとなりました。


司会を務めた二人と,落語とは何かを英語で説明した「イントロダクション」のようす

発表会は3部制で実施され,第1部には来年に英語落語を披露する予定の中学1年生が来場して観覧しました。
初めて見る先輩たちの英語落語の見事さに驚いていたようです。



第2部の発表も大変立派でみな堂々と英語落語を披露してくれました。
観覧した他学年の教員からは「5期生の仕上がりがすごい」という称賛の声が上がっていました。




第3部には昨年に英語落語を披露した中学3年生が来場して観覧しました。
後輩たちの想定以上の腕前に大変驚いており,「すごすぎる」「もう英語落語封印する」といった称賛の声がごく自然に上がっていました。




1月頃に実施した初めての練習では暗記できていない生徒も多くおり、どうなるかと不安に思ったものでした。
しかし、本番が近づくにつれて集中力が上がり、われわれ教員も「最高の英語落語」を披露できると信じるようになりました。
その予想をはるかに超える本番の出来に、教員みなが涙を流しました。一生懸命準備し、立派に発表した5期生全員を誇りに思っています。

この体験を通して,自国の文化を深く理解し,それを他者に思いを込めて伝えることのできるグローバル人材へと成長していって欲しいと願っております。