1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. 2018PTA会員研修会~総合内科専門医・作家 おおたわ史絵氏にご講演いただきました~

2018PTA会員研修会~総合内科専門医・作家 おおたわ史絵氏にご講演いただきました~

2018PTA会員研修会
総合内科専門医・作家 おおたわ史絵氏にご講演いただきました

1

2018年10月6日(土)、総合内科専門医で作家のおおたわ史絵氏をお招きし、本校にてPTA会員研修会を実施しました。テーマは「現代人の心と体のカルテ」。ご自身の経験をもとに、心と体とのバランス、心身の健康についてお話いただきました。

おおたわ氏は、医師であったお父様の影響で医師になり、その中で様々な事があり体調を崩され、しばらく休養されたのち医師に復帰、心身のバランスを保つ為に執筆活動を始められたとの事です。その後、皆様ご存知のように多方面にわたりご活躍をされておられます。また、近年では法務省の非常勤医師として刑務所の受刑者たちの診療にあたり、矯正医療にも取り組まれておられます。薬物や窃盗など、繰り返してしまう犯罪は依存症によるものだと語られ、この仕事は長年おおたわ氏が提唱してきた、医療の視点から依存症の患者を救い、犯罪減少へ導く近道になるのではないかと語られました。

今回の講演のテーマである、心と体を健やかに保つ為には「幸せホルモン=セロトニン」の分泌が大切だというお話があり、そのセロトニンの90%が腸から分泌されるという事に会場からは驚きの声があがりました。腸を活性化しセロトニンの分泌を促す食べ物などを教えていただき、最後にはセロトニンの分泌を促す体操を全員で行い会場が一体となりました。

とても気さくで柔らかな語り口調でお話いただく中にも、時には歯に衣着せぬお話もあり、会場は大いに盛り上がりセロトニンがたくさん分泌された講演となりました。また、PTA会員・生徒に多数参加していただき、公聴者それぞれが日常生活で役立つ講演会となりました。