1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. グローバル講演会「ディベート入門」を実施しました

グローバル講演会「ディベート入門」を実施しました

グローバル講演会『ディベート入門』を実施しました

平成30年6月9日本校にて、全国教室ディベート連盟・関東甲信越副支部長の神永誠様を講師としてお招きし、グローバル講演会が実施されました。

0097
2限から4限の3時間にわたるセミナーでした

初めの1時間は、ディベートの基礎を学びました。根拠を付けて話すことの重要さ、ディベートの基本、試合の流れを学びました。
2時間目はは実際のモデルディベートを見ながら学びました。
3時間目は実際のディベートを見た後で、試合中何があったのか、立論、質疑、反論で何をすべきかと言う点に触れ、講評とまとめをしていただきました。

 

1時間目 ・講演

030

1時間目では「ディベートを知ろう」と題して、ご自身の経験をお話ししていただきながら、わかりやすくディベートの基礎を教えてくださいました。
今日の講演会が終了するまでに、4つのことがわかるようになると具体的な目標を示していただきました。

9974

  • ディベートの基本
  • ディベートに必要な準備
  • 聞く・聴くの区別
  • 自分で判断する基準を持つきっかけになる

というものです。
また、生徒たちに多くの問いかけをしてくださり、生徒たちは楽しくいろいろなことを考えながら講演を聞くことができました。

 

2時間目 ・中3生と高1生によるディベート実演

今回の論題は「日本はすべての飲食店に対して店内での全面禁止を義務付けるべきである。是か非か」です。

肯定側:高校1年生、否定側:中学3年の代表生徒が実演しました。
大会では高校生は別の論題でディベートをするのですが、今回のグローバル講演会に合わせて中学生の論題で準備をしてもらいました。
高校生は自分たちの論題での準備があるにもかかわらずしっかりとした立論ができており、反駁カードも準備ができていて、過去の判例などを用い鋭い反駁を披露してくれました。

06010

途中,準備時間などに神永さんから解説をしていただきました。
立論の構成や反駁に繋げるための質疑など詳しく解説していただいたので、初めてディベートを見る生徒でも理解することができました。

 

3時間目 ・講評とアドバイス

3時間目は講評とアドバイスをしていただきました。

両側の立論内容の確認、質疑のコツ、反駁の方法、第二反駁の重要性など具体的にご指導いただきました。
今回は賛成側が勝利し、高校生のレベルの高さを感じましたが、それとともに、中学3年生も試合をするたびに上手くなっているのがわかりました。

0990

ディベートに関して何もわからなかった生徒も理解出来ましたし、その楽しさも感じることができた講演会となりました。
大会に出場する生徒は頑張ってもらいたいですし、中学3年生は文化祭で披露することになります。
準備をして素晴らしい議論をしてもらいたいと期待しています。