1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. 2019年度入学式を挙行

2019年度入学式を挙行

2019年度 中学校第5回・高等学校第56回 入学式を挙行しました

2019年度4月9日(火)午前10時より、本校体育館で中学校第5回・高等学校第56回入学式を挙行しました。

入学を許可された生徒は中学校47名、高等学校527名。式典には保護者等を含め、約1300人が出席しました。

式次第

開式の辞 副校長 藤田 正美
「国家」斉唱
新入生点呼
式辞 校長 遠藤 隆二
告辞 東洋大学 理事長 安齋 隆
祝辞 PTA会長千葉井 豊 様
誓詞 新入生代表 北川 愛(中学校)、佐藤 美咲(高等学校)
学年教員紹介
「校歌」斉唱
閉式の辞 副校長 藤田 正美

遠藤 隆二校長は式辞の中で、「本校は新校舎完成やスーパーグローバルハイスクールアソシエイトに採択されたことを機に、新たなステージへと足を踏みいれています。これからの3年間は新入生のみなさんの成長とともに、教育環境もさらに充実していくことでしょう。『本校で学ぶにあたって基本的な姿勢・習慣を身に付けること』『常に目標を持ち、求める心を持つこと』『時間を大切にすること』、この3つを忘れずに、仲間と切磋琢磨してください」とエールを送りました。


▲新入生代表による誓詞

また、来賓を代表してPTA会長 千葉井 豊様よりご祝辞を頂きました。

最後に新入生代表として、中学校の北川 愛さんと、高等学校の佐藤 美咲さんが「私たち新入生は、この伝統ある東洋大牛久の一員になれたことに誇りを持ち、これから諸先生方のご指導のもと、精進いたします!」と、力強く宣誓しました。

その後、中学・高校1学年の教員紹介を経て、校歌斉唱の後、閉式となりました。

当日は晴天に恵まれ、新入生の希望に満ち溢れた入学式となりました。