1. 附属牛久中学校 >
  2. News >
  3. 第4回百人一首大会を実施しました(中学1,2年生)

第4回百人一首大会を実施しました(中学1,2年生)

第4回 百人一首大会を実施しました(中学1,2年生)

今年度も本校の恒例行事である百人一首大会が中学1・2年生で実施されました。

中学2年生(50首:源平戦)

1月12日 寒空の下2・3限の時間に百人一首大会を行いました。
昨年は前半50首での散らし取りでしたが,今年は後半の50首を使って源平戦を行いました。



源平戦は映画 「ちはやふる」で話題に上がったためか何人かの生徒たちはよく知っておりましたが、念のため、事前学習を行いました。
映画では少し知っていたけど、実際にやってみるのは初めての生徒が多く、とりあえず手元の持ち札を大事そうに並べていました。
これから取り合いが始まるのですが・・・



源平合戦ですので、本番はA組対B組の対戦となりました。
 

   
勝敗は僅差でA組が勝ちました。勝ち負けよりも百人一首を生徒一人一人が楽しんでくれたことが何よりでした。

 
閉式に際し、百人一首の指導を担当してくださいました国語担当の藤田副校長より「このように日本の伝統文化を体験して、まだ皆さんの中には歌の意味がまだ分からない方もいると思いますがこれから理解していくように成長していってください」とのお話をいただきました。

1年生、2年生でお正月明けに百人一首に触れてきました。東洋大学でも学生百人一首を行っているそうですので、5年後6年後に新しい歌を詠む生徒が出てくることを楽しみにしていきたいと思います。


中学1年生(50首:散らし取り)

先日、1年生で百人一首大会を行いました。生徒たちは、この日のために授業を中心に前半50首を頑張って覚えてきました。



初めはあまり乗り気でなかった生徒もいざ大会になると真剣そのもの。個人戦ではなくチーム戦で行ったのですが、自分や味方が取った時に「やったー!!」「よっしゃー!!」「イエーイ!!」と歓喜していました。

東洋大学でも百人一首研究を行っています。
生徒たちも日本の伝統文化である百人一首に触れ、広い見識を持ち、成長していくことを願っています。
2年生では、後半50首を使って「源平戦」を行います。今回悔しい思いをした生徒はリベンジのチャンスです!!