1. 附属牛久中学校 >
  2. 在校生・保護者の方へ >
  3. 東洋中だより 生物野外実習,グローバル探究「哲学」「課題研究」

東洋中だより

東洋中だより

東洋大牛久の中高一貫コースの学校生活のようすをお届けします。
過去記事の一覧はこちら

2021年 4月23日

グローバル探究「哲学」(中学2年生)

中学2年生はグローバル探究「哲学」の履修が始まりました。
東洋大学の設立趣意である「諸学の基礎は哲学にあり」の精神に基づき,さまざまな物事を多角的に見る方法や,当たり前と思っていることを考え直すための問いの立て方を学びます。
現在は手始めに,学祖である井上円了博士がどのような生涯を送り,どんな理想を抱いて東洋大学を設立したかについて,対話を交えながら講義を進めています。
この授業で行った思考の訓練が,この後の課題発見や研究活動に大きく役立っていきます。

 

グローバル探究「課題発見」(一貫・高1生)

高校に進学した4期生たちは課題研究でSDGsに関する課題研究を進めます。
17のGoalsについてディスカッションを行ってもらったところ,今年から担当した先生が驚くほどの活発で建設的な議論がどの班でも行われていました。
中学校段階で意見をまとめて発表する訓練を積み上げてきた成果だと思います。
これから進む探究活動に向けても大きく期待が持てそうです。

 

生物・野外実習(中学1年生)

中学1年生は,恒例の生物野外実習に向かいました。校舎の裏側までぐるっと一周するミニ探検に生徒たちは大喜びです。
24種類の草花を発見するミッションに意欲的に取り組んでくれました。
今年は暖春の影響か,アミガサタケが例年にないほど多くの場所で観察されました。
牛久の豊かな自然も,われわれの学校が誇れるもののひとつです。
これをきっかけに,自然環境のことについて少しでも意識を高めてくれればうれしく思います

 

2021年 4月14日

初期指導3,4日目

学年集会

学年集会では,教頭講話に続いて,学年主任より学年目標の説明,養護教諭より生活上の注意などが話されました。
教員の自己紹介では,学年団の先生たちのちょっとプライベートな話などもありました。これを機に少し親近感を持ってもらえたらと思います。



クラス役員決め

初期指導の最後に,1年間クラスの仕事を分担する役員決めをしました。
まずは級長を募集したところ,両クラスともにさっと立候補が出てあっという間に決まりました。さすがの東洋大牛久中の新入生たちです。
その後も級長の仕切りですべての役員が順調に決まりました。
ここから1年間,建学の精神である「独立自活」を体現すべく,自分たちの力でクラスを運営していってくれるものと思います。

 

2021年 4月12日

初期指導2日目(中学1年生)

自己紹介

はじめは自己紹介からスタートです。班ごとに分かれた小さな自己紹介から始めて,最終的には班リーダーが全体に向けて制限時間内にメンバーを紹介するプログラムまで進めました。


図書館ガイダンス

本校の図書館の使用方法を体感する図書館ガイダンスです。
「探せ,運命の一冊」と題されたプログラムにしたがって,全員が「運命の一冊」を求めて探し歩きます。
力を合わせて全員が最後の一冊を発見できたときは大きな歓声が上がりました。
多くの生徒が図書館という空間を楽しんでくれたようで,プログラム終了後,何十冊もの本が生徒たちへと貸し出されていきました。




ICT端末講習

先生から情報化社会の危険性についてよく注意を受けたあと,週末に充電されてきたノートPCを開き,いよいよ自分の端末でのセッティング開始です。
ちょっとトラブルもありましたが,無線接続の設定から,よく使うショートカットの作成までが今日は終了しました。
ここから先は,授業を通して実践的に学んでいきます。


制服セミナー

最後に,制服の着用に関するセミナーでした。
制服屋さんから送られてきた映像教材で,制服にはそもそもどのような意味があるかを学びました。
真面目な中にも笑いありで,楽しい雰囲気の中,制服の精神を身に着けることができたのではないかと思います。

 

2021年 4月10日

それぞれの初期指導

始業式・入学式も終わり,各学年で初期指導が始まりました。

対面式

今年はコロナ感染対策で,リモート中継による実施となりました。

中学,高校のそれぞれの生徒会代表者から歓迎の言葉が送られ,新入生からはあいさつの言葉が返されました。中学1年生からはB組の男子が立派に役目を務めてくれました。

中学1年生

中1はまずは学校での過ごし方からです。初期指導のしおり『哲学の門』を使って,本校の生活マナーや年間行事を確認しました。
把握すべきことがらが多く,頭がいっぱいになってきたタイミングでミニクイズなどが行われたので,ちょっとしたリラックスにもなったと思います。


エンカウンターで席を回るときの流れ「サーキュレーション」を練習


中学2年生

中2は1年間の生活を形作るための日直カードづくりです。
日々の学習も,まずは生活から。自分たちで生活を組み立てていく意気込みが込められていました。



中学3年生

中3はさっそくクラス役員決めに入っていました。
男子の間では,どのように役割を分担するべきかについて,ていねいな話し合いが行われていました。一つ一つの発言から,「クラス自治」の意味や価値をよく理解しているようすが感じ取られ,中学1年生の時から格段に成長した姿を見ることができました。



来週からはさっそく授業が始まります。
初期指導で組み立てた生活イメージが大きな実りを結ぶように,1年間ともに頑張っていきましょう。

 

2021年 4月9日

入学式のLHR(中学1年生)

本日4月9日,本校に新たな中学1年生70名を迎えました。


靴箱で自分の番号と名前を探す新入生

コロナウイルス流行の現状を鑑みて,入学式は生徒のみの参列で行われたため,保護者の皆様にはライブ配信を参観いただく形になりました。
また,例年であれば保護者の方にご覧いただけるLHRも,今年度は参観いただけませんでしたので,写真で様子をお届けしたいと思います。


入学式の作法について,担任より説明を受ける


クラス生活のはじめの手ほどきは,ロッカー鍵の使い方


配られたばかりのChromebookに腕をのせてのおしゃべり


はじめのアクティビティ。ペットボトルに近づくだけでこんなに楽しい!

最初の緊張した面持ちが,アクティビティで徐々にほぐれていき,最後には和やかな笑顔で包まれました。
まだ顔の分からない同級生に囲まれた不安な気持ちを和らげることができたのではないかと思います。

明日からは,まず学校で生活する作法を学ぶ初期指導が始まります。
まだ慣れない通学時間を楽しみな気持ちで過ごせるよう,われわれも頑張っていきたいと思います。

 

2021年 4月1日

遠藤校長ご勇退

2021年3月31日をもって,9年間校長を務められた遠藤隆二先生が校長の任から退かれることとなりました。
東洋大牛久に中学校を作るという使命を背負って2012年に本校に着任され,以来,生徒や教員を守るためにどんな苦労もいとわず,徹頭徹尾,東洋大牛久の発展に尽くしてくださいました。
遠藤先生がいらっしゃらなければこの中学校と中高一貫コースは無かったと思うと,そのご功績に対する感謝の念を禁じえません。


最終日まで職員室に顔を出し,力を貸してくださいました

この後,われわれ中学校教員一同は遠藤先生の残した理想をさらに発展させるべく新しい校長の下で力を尽くしていく所存です。
引退されたあとも,生徒・教員一同を温かく見守っていただけると嬉しく存じます。