1. 附属牛久中学校 >
  2. 教育活動 >
  3. グローバル探究

グローバル探究

本校では以下に示す資質を備えた人材をこれからの時代に必要な「グローバル人材」と考え、その育成のために、総合的な学習の時間に5つの科目から構成される独自設定教科『グローバル探究』を実施しています。

  • 伝統文化に裏付けられた日本人としてのアイデンティティーと主体性をもって行動できる
  • 世界中の多様な文化を理解し、それらを尊重し受容して世界の人々と共生できる
  • 世界中の人々と情報を共有し、分析して自らの考えを積極的に発言し、他者をリードできる
  • 地球的課題に興味関心を持ち、かつ解決しようとする意欲・態度、解決力・プレゼンテーション力等をもっている
  • 他者と協力しながら問題解決にあたり、柔軟にかつ粘り強く努力できる
  • 知的好奇心と高い志をもち、自らの人生に積極的にチャレンジできる

 

哲学

建学の精神である「諸学の基礎は哲学にあり」の思想に則り,主体的な姿勢に基づいて問いを立て,ものごとの本質に迫る思考を行う技術を身につけます。
また学祖である井上円了博士の生涯とその思想についても,対話的な問いを通して学びます。

 

教養

グローバル探究の入門科目であり,5年間にわたるグローバル探究の基礎となる知識・技能を身につけます。
実践を通してプレゼンテーションの技術と,ICT機器の活用法,またグローバル人材となるための国際感覚を身につけます。


教養の集大成として実施する学習発表会

 

国際理解

中学2,3年生で行われる語学研修や,校内スピーキングコンテスト,また文化祭での英語落語公演と連携し,英語でのコミュニケーションに向けた意欲的な姿勢を育てます。
また,グローバル人材に必要な多文化理解のための教養と,自国伝統文化の体験的な理解を深めるプログラムを実施します。


異学年をまたいで行われる校内Speakingコンテスト

 

キャリア

職業研究,学部研究などを通して自己理解を深め、社会的自立と職業的自立に向けた意欲・態度・能力などを育成して進路実現を図ります。
高い志を培い、将来の自らの人生にチャレンジできる資質・能力を育成します。

【詳細はこちら】職業体験

 

課題発見・課題研究

『課題発見』『課題研究』では、生徒自身が研究テーマを見つけ、情報収集と研究を行い、論文をまとめながら、思考力や創造力、プレゼンテーション能力を育成していきます。
一貫コース高校2年次の3月に発表会を行い、発信力、対峙力も育成します。

【詳細はこちら】2020年度 高校2年生 課題研究発表会