将来を見据えた最先端の“ICT教育”を東洋大牛久で――

校内にWi-Fiを完備、中高全教室にはプロジェクターが導入され、授業はもちろんのこと、学校で行われる様々な場面でICTが活用されています。インターネットを活用して、深い知識を身に付けるとともに、社会に出てから必須な表やグラフ作成、プレゼンテーション力も今から身につけられます。本校のICT教育は学力の向上だけではなく、未来へ繋がる実践的なスキルを身に付けることを目的としています。


ひとり一台のChromebook

本校では、生徒一人ひとりが自分専用のデバイスとしてChromebookを所有しています。それによって、調べ学習やプレゼンテーションなどの質・スピードが上がり、学習理解度を効果的に高めることができます。また、教員からの資料掲示がオンライン上で行われるため、時間や場所を問わずに学習をスムーズに行うことができます。

 


ICT教育の利点

〇授業の理解度向上

プロジェクターを使用することによって、画像・動画といった、黒板では表現できないコンテンツを表示することができます。映像や音声などを利用するなど、視覚的に資料を提示することで知識を深めたり、生徒の学習意欲の向上を目指します。また、活用アプリケーションソフトとして「ロイロノート スクール」を使用して、プレゼンテーション学習など授業に活用しています。例えば、数学では図形を動かすことで視覚的な理解が深まったり、他の人の解答と比較することで、多くの視点からとらえることができ、思考力を養えます。

〇双方向の学習が可能

教師が生徒の解答などを一覧で確認できるため、生徒の理解度に合わせて柔軟に対応して授業を進めることが出来ます。また、生徒が他の生徒の解答をみることも出来るため、“学び合い、教えあう”という「対話的な学習」により、学習の定着度アップも期待できます。

〇教育活動の効率化

Google Classroomを活用し、学校からの情報を全生徒へ配信。また、担任からのHR連絡などのやりとりをしています。
また、Google Formsを使用して、小テストを電子化。その結果をデータとして蓄積しています。さらに、新型コロナウイルスの対策として、毎日の体温検査のアンケートなどを実施しています。