1. 東洋大学京北中学校 >
  2. News >
  3. 中3社会 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社によるインターンシップ体験プログラム「株の力」授業 ~その4~

中3社会 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社によるインターンシップ体験プログラム「株の力」授業 ~その4~

中学3年生の社会(公民)の授業では、金融の仕組みや証券の機能、またその社会的役割について、より学習を深めることを目的として、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社によるインターンシップ体験プログラムである「株の力」授業を5回シリーズにて行いました。

 

5回シリーズの最終回となる「株の力」授業を1216()に行いました。

最終回の授業では、これまで学んだことを活かして、チームごとに制作してきた「株の力」を伝える広告の発表とプレゼンテーションを行いました。どのチームもしっかりと準備をしてオリジナリティのある広告を制作し、そして、その制作にかけたコンセプトや工夫についての思いを込めてプレゼンテーションを行いました。

すべてのチームの中から、広告の内容とプレゼンテーションともに優秀であった2チームが選定されました。この2チームは、年明けの1月に、参加校の代表チームが集い三菱UFJモルガンスタンレー証券株式会社の本社にて行われる、オンライン・プレゼンテーションに参加します。

審査をしていただいた三菱UFJモルガンスタンレー証券株式会社の方々は、「どのチームもさまざまな工夫と努力の様子が見られ、大変迷いました」とおっしゃっていました。

残念ながら2チームには選ばれなかったチームの広告とプレゼンテーションも、大変素晴らしいものでした。わずか5回の授業でしたが、生徒たちの大きな成長を感じることができました。

1   2

3  4

今回の「株の力」の授業を通して、経済や株式への理解が深まったことは勿論ですが、自分たちで物事を主体的に考えるとても良い機会となりました。今回の学びを今後の学習に活かしていきたいと思います。

 

5  6