1. 東洋大学京北中学校 >
  2. News >
  3. 中学1年生 「学祖墓参」を行い、本校の創立に寄せた思いを学びました

中学1年生 「学祖墓参」を行い、本校の創立に寄せた思いを学びました

中学1年生の恒例行事として、本校の創立者である井上円了先生を偲ぶ「学祖墓参」を10月22日(金)に実施しました。

当初の予定では、円了先生の命日である6月6日前後で実施する計画でしたが、3回目の緊急事態宣言下であったことから延期となりました。

この墓参の目的は、学祖である円了先生の遺徳に触れるとともに、学祖が哲学や社会教育の場として創設した哲学堂公園で、その思想を学ぶというものです。

当日、まずはクラスごとにお墓のある蓮華寺へ向かい、本堂の前で礼拝を行いました。その後、一人ひとりが円了先生の墓前に手を合わせ、東洋大学京北中学校に入学したことをご報告するとともに、学祖に6年間の決意を誓いました。

次に、本来であれば哲学堂公園に移動してクイズラリーを行う予定でしたが、雨天であったため公園内を散策し、哲学世界を視覚的に表現している古建築物を見学しました。

この行事を通して、東洋大学京北生としての自覚を持つとともに、自身の目標を定める良い機会となりました。

 

1 2