1. 東洋大学京北中学校 >
  2. News >
  3. 2019年度「未来の科学者育成プロジェクト」研究報告会を行いました

2019年度「未来の科学者育成プロジェクト」研究報告会を行いました

前期の終業式でもあった9月30日(水)、本校アリーナにて、2019年度「未来の科学者育成プロジェクト」の研究報告会を行いました。

「未来の科学者育成プロジェクト」とは、昨年度から継続的に行われてきた東洋大学との連携事業の一つで、本校の中学3年生が様々な理科実験を体験する中で「科学」と向き合うことを目的としたプログラムです。

東洋大学食環境科学部の教授の先生方のご協力のもと、生徒たちは昨年の夏休みから冬にかけて数回の実験を行い、様々な課題に取り組んできました。そして、年度末には報告会を行う予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により報告会は延期されることとなり、今回の開催となりました。

 

2019年度の研究報告テーマは以下の通りです。

「植物酵素を使ってチーズは作れるのか?

「食品に含まれるヒトの健康に役立つ成分を調べよう」

「油脂の種類によってクッキーの出来上がりは違う?

「魚の体色はどうやって作られる?

「洗濯機の中で起こっていることは?

 

4月からは高校生となった発表者の生徒たちは、臨時休校明けの6月以降、何度もプレゼンの練習を行い、発表当日は、後輩の中学生たちに興味を持ってもらえるようなとても分かりやすく素晴らしい研究報告をしてくれました。後輩の中学生たちからも、「普段触れないような分野に興味をもてました」「先輩たちの説明が面白くて自分もやってみたいと思いました」などといったコメントが寄せられました。

2020年度も、今年度の中学3年生が参加して実験を行っていきます。次回の発表も今からとても楽しみです。

 

〜発表までのみちのり〜

2019年夏 ガイダンス 実験

◎2019年冬 実験 データ解析

1 2

 

2020年春 報告会(コロナの影響で延期)

◎2020年夏 報告会に向けての準備

3

 

◎2020年秋 報告会

4 5

6