~生徒目線の学校情報をお伝えします~

2022.6.24(金) 「哲学の授業」

皆さんこんにちは! 

東洋大学京北では、毎週土曜日に哲学の授業があります。その時間は、それぞれのクラスで違うテーマについて考えます。  前回も哲学の授業について紹介したので、今回はまた別のクラスの授業を紹介したいと思います。

「哲学する」ということは普段の生活には無い難題ですが、皆意欲的に取り組んでいます!

この前の授業では、「倫理観」について考えました。

例えば、もしお金の入った財布を拾ったらどのような行動をとりますか?

交番に届ける人もいれば、そのまま中身を抜き取る人もいるでしょう。

では、財布の中が信じられないほどの大金だったらどうしますか?

私達のクラスでも色々な意見が出ました。 持ち主への連絡を試みたり、あまりの大金に危険を感じ、財布をその場に戻す人もいたり。

貴方ならどうしますか? ぜひ考えてみてください。(中3・F)

1 先生画伯の図

 実際に使った教材

 

2022.6.20(月) 「東洋大学京北の哲学

皆さんこんにちは!! 今回は、東洋大学京北中学校の哲学の授業について書いていきたいと思います!! 

 

早速ですが、この学校は哲学者の井上円了先生が創った学校で、哲学も学べる学校となっています。実際googleで「哲学 中学校」と調べると東洋大京北のホームページが一番上に出てきます。僕も 一番上に出てきたときは驚きました!

僕はこの学校に入学するまでそもそも「哲学」というものを知らなかったのですが、実際に授業を受けてみるととても面白いです!!

哲学の授業は毎週土曜日の1時限目にあります。哲学では先生たちが出すテーマをもとに自分の考えを友達と話し合ったり、発表したりします。ちなみにテーマはかしこまったものはほとんどなく、自分たちで考えることを大切にした内容になっています。

先日の授業は「思わず志望校にしたくなる『学校説明会』を考えよう!」というテーマで、東洋大京北の魅力や、人に物事を伝えるために大切なことはどのようなことなのかを考えたりしました。僕の班は学校を紹介する動画を作りました!

また、哲学の授業はクラスメイトとも話すことが多いので、もしかしたら友達が増えるかもしれません。

1 2

他にも、「p4c keihoku」という希望参加型の哲学のイベントがあります。「p4c」とは、「philosophy for children」の略で、「子供のための哲学」と言われ、そこでは生徒が出した「なぜなのか?」という疑問を先生と生徒で話し合います。ここでは、先輩や後輩もいるのですが、ここでは、先輩にも緊張せず話せます!また、他の先生が途中から参加してきてくれることもあって、人数が多ければ多いほどいろいろな意見が出てくるので、面白いです!

新しい参加者を待ってます!!(中3・Y)

 

2022.6.7(火) 「団結式」

このブログを見ている皆さんこんにちは!

僕は、3年のTです。 明日はいよいよ運動会です!今日は、運動会に向けて行われた団結式について書きたいと思います。

 

東洋大学京北中学校の運動会は、1組は黄団、2組緑団、3組青団、4組赤団として学年を縦割りして、4つの団を構成して競い合います。

グラウンドで行った団結式では、応援団長である中学3年生の各クラスの代表4人が、それぞれの団の12年生をまとめて団結を強めました。 実は、このブログを書いている僕自身も応援団長として団の団結式を行いました。

それぞれの応援団長はそれぞれのテーマを持って12年生に熱く語っていました。 ちなみに、僕が率いる団の団結式では、「楽しんで、1つの思い出を作りながら、優勝しよう」というテーマで語りました。

 

僕たち3年生は、去年が初めての運動会でした。なので、今回が2回目で最後の運動会となります。だからなのか、応援団長みんながとても気合が入っています。

1

 

2022.5.23(月) 「進路面談」

今日は進路面談があり、担任の先生と学力推移調査の結果を元に進路について話しました。

 

具体的には、普段の生活に改善すべき点はないか、このまま東洋大学京北高校に進学するのか、さらに東洋大学京北高校に進学するとした場合、進学クラスと難関進学クラスのどちらに進みたいのか、大学はどのような学部に行きたいのか、などを話しました。

私の担任の先生は優しいので、厳しいことを言われたり、緊張したりすることはありませんでした。正直楽しかったです。

 

でも、改めて成績がこのままではまずいことが分かったので、頑張っていきたいと思います!!!(中3・O)

 

2022.5.20(金) 「理科の授業」

今、一番楽しい授業は理科です。東洋大学京北の理科は、化学や物理をやる「理科A」と地学や生物をやる「理科B」という授業に分かれています。最近は、理科Aで塩化銅水溶液という水色の液体に電気を通して塩素と銅に分けるという実験や、理科Bでは体細胞分裂の観察の実験をしました。

実験は、最後にレポートを書かなければいけないので、みんな提出期限ギリギリまで書いていて結構大変です。ですが、班のみんなと協力してやるので、やりがいがあってとても楽しいです!(中3・K)

1

 

2022.5.14(金) 「中学3年生 英語・数学の習熟度別授業」

中学3年生は4月から、数学と英語において習熟度別授業をSAクラスとAクラスに分けて行っています。

数学は、最初にプリントの問題を解き、解説を受け、さらにテスト範囲のページを解きます。

英語は、教科書にそった内容をやっています。

SAクラスもAクラスも、授業の進行度や最初に解くプリントの内容は変わりません。

 

Aクラスは基礎を固めることを重視しています。

SAクラスは発展的な内容に取り組み、高得点をとれるようにしています。

習熟度別授業では、定期考査が終わるごとにクラス替えがあるので、それぞれが日々努力しています。(中3・S)

 

2022.5.13(木) 「Chromebook」

皆さんこんにちは!

今年から中学生もスクナビブログを始めることになりました!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年度から、生徒に一人一台ずつChromebookが配られ始めました。そして、ついに、僕の学年にもChromebookが配られたので、今回は、Chromebookを使った授業の様子を紹介していきたいと思います。

 

まず、最初に紹介したいのは、デジタル教科書の利用です。デジタル教科書が導入されたことによって、毎日勉強する教科の教科書を持って帰っていたのですが、それがChromebook一台あれば家での勉強ができるようになりました。また、デジタル教科書の機能として、動くグラフを見たり、関連する資料の動画を見たりできます。

さらに、本校で導入されているスタディーサプリの講義を、テスト前などに今まではスマホで見ていたためスタディーサプリの講師の先生が書く文字が見えづらかったのですが、Chromebookが導入されたことにより、画面が大きくなって見やすくなりました。

また、一昨年や昨年は新型コロナウィルス感染症によりZoom授業が行われたことがあったのですが、もしも今年もZoom授業になったとしても、今までのようにスマホの小さい画面でなくChromebookの大きい画面で授業を受けられるので安心です。他にも、内蔵されているカメラで理科の実験の動画を撮ったり、Google classroomを使えばオンライン上で課題を提出したりすることもできます。

 

ここまで、ずっとChromebookの話ばかりをしてきましたが、ちゃんと紙で提出する課題もあり、デジタルだけに頼らずバランスがとても取れていると思います。

まだまだ色々と使い方があり、使いこなせていないとも思いますが、これから色々な使い方を模索していきたいです。(中3・Y)

  1 2