1. 東洋大学京北高等学校 >
  2. News >
  3. 家庭科部、文化祭に向けてメニュー考案のスタートです

家庭科部、文化祭に向けてメニュー考案のスタートです

GWが明けた5月12日、新入部員の体験実習も兼ねて今年度の第2回目の実習を行いました。今回は、文化祭の出店を念頭においての実習です。

本校家庭科部では文化祭にて軽食の提供を行っています。今年度も出店をするために、例年通りメニューの考案からスタートしました。

今回のメニューは、一昨年に提供した“ドライカレー”と、昨年提供した“タコスミート”の2品です。先輩方の考えたメニューからどう発展させていくかを目的としています。本番と違うのは「白米(ごはん)」に合わせた点だけで、味付けの分量も文化祭と同じ条件です。

体験参加者も含めて20名という大所帯での実習は初体験です。初めは戸惑っていた部員のみんなも、作業を進めていくうちに仲良くなっていきました。

1

さて…

今回の出来栄えは?…。

2

納得のいく味に落ち着くまで悩んでいた様子でしたが、午後の軽食としてぴったりのスパイシーな仕上がりになりました。

部員たちは、文化祭のメニューは発展させたものに挑戦したいと思っているようですが、衛生面を第一に考えるとどこまでできるのか?これからとても楽しみです。