1. 東洋大学京北高等学校 >
  2. News >
  3. 家庭科部、今年度初回の実習を行いました!

家庭科部、今年度初回の実習を行いました!

新年度がはじまって2週間。家庭科部では今年度の初の実習を行いました。今回は、体験入部もかねての実習です。

体験入部の中学1年生と在校生の初顔合わせの実習でしたが、昨年よりもちょっとだけ難しい技術にも挑戦しました。

今回のメニューは、“ジャガイモのニョッキ”と“トマトソース”。さらに、珍しくパスタを取り入れました。

ニョッキとはパスタの一種で、茹でて潰したジャガイモやカボチャなどに小麦粉を混ぜて茹で上げたものです。

ニョッキはマッシュポテトを作るところから始まりますが、イモ類などデンプン質の食材をマッシュするときは、水分を飛ばして熱々のうちに手早く潰すことがポイントになります。初顔合わせの部員たちですが、先輩部員たちの気配りとフォローで上手に作業を進めていました。


1  2

さて…

今回の出来栄えは?

水分が多くてなかなかまとまらなかったり、うまく団子状の形にならなかったりと大変でしたが、合わせたトマトソースとの相性もばっちりで、大変おいしく出来上がりました。

普段、手に入れやすい食材で、応用もできそうなメニュ―だったので、みんな満足そうでした。

 

家庭科部への本入部が増えることを期待しつつ、今年もいろいろなメニューやスキルアップに取り組んでいきます!