1. 東洋大学京北高等学校 >
  2. News >
  3. 「東洋大学入試部長講演会」を行いました

「東洋大学入試部長講演会」を行いました

1218日(土)、第1アリーナにて、高校1年生対象の「東洋大学入試部長講演会」を行いました。テーマは「高校3年間でやるべきこと」。

まず、東洋大学では「2030年は今の世の中と同じではない」ということから生まれたSDGsに基づき「SDGs Week」を実施したこと、スーパーグローバル大学を目指し国際関係学部、情報連携学部を新設したことを説明されました。

続いて、幅広く勉強し、好き・興味のあることを発見する大切さについて話されました。私立大学入学者の56%が総合型選抜の受験であること、私立大学一般選抜型入試の大半が4科以上の受験科目設定であること、英語では4技能を習得している人を求めていること、分野によっては文系でも数学が必要であることなどを例にとり、「幅広い学習をすること

により将来の選択肢が増えること」を教えてくださいました。

さらに、「高校1年生が受験する2年後の大学入学共通テストまで、5教科について毎日2時間ずつ勉強した場合、1教科の勉強に充てられるのは約12日分の時間しかない」と、地道に努力することが何よりも大切なことであるとの激励もいただきました。

 

生徒たちは真剣にお話を聴いていましたが、「大学入学共通テストまで1教科あたり約12日分の時間しかない」との説明の後、アリーナの雰囲気が一変しました。1年生にはまだ先に感じてしまう大学受験ですが、この講演で、もうそこまで来ていることに気付けたのではないでしょうか。日々の授業を大切にしながら努力を重ねてほしいと思います。

1 2