1. 東洋大学京北高等学校 >
  2. News >
  3. 高校1年生 「国際講演会」を行いました

高校1年生 「国際講演会」を行いました

6月28日(月)、高校1年生対象の「国際講演会」を、視聴覚室と各HR教室に分けて行いました。「国際講演会」は、本校の国際教育プログラムのひとつとして、毎年行っている行事です。

今年度は、東洋大学准教授の中村香子先生に、「グローバル化について考える」をテーマに、リモートにて講演をしていただきました。

 1

 

先生は、ご自身がフィールドワークされた経験に基づき、

・マサイ族はからだを装飾することでアイデンティティを創出していること、

・特に彼らの美意識が詰まっているビーズには、記憶装置としての役割もあること、

・近年の装飾の変化は、マサイ族社会の変化により美意識が変化したからであり、それには文化の客体化が関わっていること、

・こうしたマサイ族の変化の根本にグローバル化があること

などをお話してくださいました。

 

生徒たちは、日本から遠く離れたあまり聞くことのないマサイ族の現状を、時折メモを取りながら集中して聴いていました。

 

講演の終了とともに、会場には自然とあたたかな拍手が沸き起こりました。

今回の講演会から、それぞれの生徒がそれぞれに何かを感じ取っているようでした。

国際理解、多文化主義と民族の共生などについて考える大切な機会となりました。

2 3