MENUCLOSE

現代学生百人一首とは

現代学生百人一首とは

 短歌とは、皆さんの普段の生活の中で感じたことを、日本語の単語の区切れとして、一般的な発音の固まりを「5+7+5+7+7」の合計31音の型に合わせて、短いひと続き文章として表現する手法です。

短歌の例を挙げると、「沖縄で 海にもぐって 魚とり あの海へびは おそろしかった」

このように短歌は、「おきなわで」+「うみにもぐって」+「さかなとり」+「あのうみへびは」+「おそろしかった」の「5+7+5+7+7」の合計31音の型で構成されます。

意味の取りやすさから、読んだ時のイメージが浮かびやすい、作者の感情がよく解るなど、日本語の持つ特徴を「遊び」として鑑賞することが出来るような文学作品です。

 日本で短歌のような言葉遊びが始まったのは7世紀頃。それ以降、日本の統治の主役となる貴族の間でその文化が醸成され、日本の中世にあたる平安~鎌倉時代(西暦794年~1333年)に一つの集大成として、著名な作者100名の短歌を集めて「百人一首」としました。日本では、今でもこの「百人一首」が伝統文化として根付いており、お正月のかるた遊びなどで広く親しまれています。

東洋大学では、この百人一首をモチーフとして、学生の若い感性や時代意識を短歌に込めてもらった短歌を公募し、毎年100首を選んで発表しています。

 「現代学生百人一首」は、東洋大学創立100周年記念事業として1987年にスタートし、2017年で31回目となりました。「現代学生のものの見方・生活感覚」をテーマとして短歌を募集し、現在までに集まった短歌の累計は133万首を超えます。