MENUCLOSE

事業実施体制

(1)全学的な実施体制 

「本学が卓越した研究力を有する大学としての地位を確立し、国際的にも高い水準の研究拠点を有する大学として認知されることを目的」とする学術研究推進委員会において、東洋大学のブランドとなり得る研究を選定した。

そのうえで、本事業の実施体制は、全学的な研究体制を整備し、研究支援資源を集中的に投入する体制を構築するために、学長を事業統括者として、私立大学研究ブランディング事業推進委員会を組織している。研究担当副学長が副統括者として、学長を補佐し、国際担当副学長、産官学連携推進センター長、研究推進部長、学長室長、広報担当部長、産官学連携マネージャー、本事業の研究遂行の中心となる生体医工学研究センター長と理工学部長を推進委員としている。

ブランディング_実施体制

(2)支援体制

本事業は本学事務局複数部署の支援の基に実施される。

事業推進にあたっては主に研究推進部が支援を行う。さらに以下の部署と連携し事業推進を全学的に図る。
〇学内の教学の企画部門である学長室
〇国際化の業務を行う国際部
〇事業概要や研究成果に関する広報活動を行う総務部広報課

研究の実施にあたっては、以下の委員会と連携し、内部統制に役割を果たす。
〇学術研究推進委員会
〇公的研究費不正防止計画推進委員会
〇研究倫理委員会
〇人を対象とする医学系研究に関する倫理審査委員会
〇動物実験委員会
〇遺伝子組換え実験等安全委員会

研究成果の社会実装化や産官学への橋渡しについては、産官学連携推進センターが支援する。
〇研究成果の特許申請を知的財産マネージャー
〇研究シーズを基にした共同研究・受託研究の推進と技術移転を推進産官学連携マネージャー
〇技術移転機関(TLO)としてキャンパス・クリエイト(株)やタマティーエルオー株式会社(TAMA-TLO)等

(3)評価体制

評価委員会を組織し、事業の進捗および成果に関して、学術、産官学連携、国際化等の観点から外部の評価委員、内部の評価委員による評価を年度毎に行う。

評価に際しては、成果指標及び達成目標について、KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)の客観的な数値を用いて、目標の達成に向かい、プロセスが適切に実行されているかどうかを計測する。

各評価委員会の評価を基に、私立大学研究ブランディング事業推進委員会において、学長が事業の方向性や改善点等を指摘し、委員会の協議により、年度計画に反映させることで、PDCAサイクルを構築する。また、年度毎に事業の進捗と研究成果の報告を理事会に対して行い、理事から意見を聴取し、事業遂行の参考にする。

 

(4)研究実施体制

学内研究実施体制

本研究事業は、東洋大学の複数の研究科に所属する教員を中心にして、国内および海外の関連研究機関および企業と連携し進めていく。生体医工学研究センター(センター長:加藤和則 理工学研究科教授)が、学内の研究プロジェクトの統括を行い、国内外の共同研究機関および産学連携企業との連携を行う。
<東洋大学生体医工学研究センター http://www.toyo.ac.jp/site/bme/ は、平成22年に私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択を機に発足した研究センターであり、生命科学・理工学・健康科学および栄養学を専門とする研究員(学内教員、学外共同研究員等)で組織されている>

各研究テーマの研究体制は以下の通りである。

ブランディング事業_2018年4月以降メンバー

学外連携研究実施体制

本研究を実施するために、国内外の研究機関との連携を構築する。また国際的人材育成の観点から、アジア諸国からの留学生(研究員)の受け入れまたは派遣に関しては、「スーパーグローバル大学創成支援事業」と連携して、積極的に推進する。

国内外の連携研究機関に関しては、締結後にHP上で順次開示予定である。

産官学連携研究開発実施体制:
産業界との連携は本学の研究推進部産官学連携推進課が所管する産官学連携推進センターが窓口となり研究成果の実用化を行う。既に複数の国内企業と、アスリートおよび高齢者のストレスマネージメントとヘルスサポートに関する共同研究契約および秘密保持による情報開示契約を締結している。公表できる連携研究に関しては、本HP上で順次開示する予定である。今後も、大学での研究成果を社会実装化できる体制をさらに強化し、産学連携に基づいたPDCAサイクルを構築する。