MENUCLOSE

現代社会総合研究所の概要

設立の経緯・研究所の目的(概要)

現代社会総合研究所は、古くから学部に附置されていたグローバル・エコノミー研究センター(経済学部)、経営研究所(経営学部)、社会学研究所(社会学部)、比較法研究所(法学部)を2002年7月に改組・統合し、社会科学分野の総合的な研究所として発足しました。その目的は、それぞれの研究所が蓄積してきた各領域の研究をさらに昇華させることで総合的研究とし、これまで以上に独創性ある調査・研究を行い、日々刻々と変化する現代社会の諸問題を、基礎から最先端問題に至るまで研究対象とし、広く人類社会のより良い発展に貢献することです。

研究所の活動・特色

本研究所では、発足時から環境を基礎概念としてきましたが、特に2016年度からは、情報、法律、地域経営、シーズも加えて主要な研究の支柱とし、定期的なシンポジウムや共同研究プロジェクトを実施してきました。その中でも、産官学連携の「ICT教育研究プロジェクト」では、ICT教育の内容や方針を多角的に検証し、佐賀県武雄市のスマイル学習への支援と検証作業を実施した結果を『デジタル教科書の実証研究―先行導入した武雄市の事例を中心に―(武雄市「ICTを活用した教育」)』として刊行しました。また2020年の東京オリンピックを念頭に置いた「スポーツの現代的課題プロジェクト」では、法律分野の所員を中心に研究報告会を重ねて、2018年度末に中間報告として『スポーツの現代的課題―哲学・キャリア・グローバルの視点から―』を刊行しました。これらのプロジェクトは2019年度以降も継続されています。

2019年度から本研究所は従来からの環境を、自然環境から法・経済・政治・さまざまな社会活動といった人間生活に関係する全てを含む広義の概念に変更し、諸研究の土台を為す連結・共通概念として位置付けることによって、様々な分野の共同研究・総合研究を促進し得るように理論構成を変更し、その土台の上にプロジェクト・研究会・Seeds支援という三種のカテゴリーを新設して、総合研究への道程を整備しました。プロジェクトは原則として外部資金を原資とする研究であり、研究会は所員の自発的な申請によって設置され、Seeds支援はad hocな学術活動を支援するためのものです。現時点では上記の二つのプロジェクト、五つの研究会、適宜開催されるSeeds支援活動があります。従来からの活動に加えて、これらの内容は本研究所のホームページをご覧ください。

また本研究所は、研究スペースとしての研究所という発想に基づいて、外国からの招聘研究員や所員であればだれでも研究所を自由に使用できるように、会議用デーブルにプロジェクターとノートPC、研究用の個人デスクを4机、諸用途様にプリンターを3機、ノートPCを3台、デスクトップ型PCを1台を常備し、パスワードを使用してネット経由で所員自身がいつでも使用予約ができるカレンダーシステムを導入しています。

最後に、2019年度から、明治開国以来長期にわたって発展し、蓄積されてきた日本に関する経験と研究を世界に発信するために、英語による学術ジャーナルJapanese Society and Cultureを創刊しました。これは学問世界においても日本をブランド化するという非常に高次な目的を有する計画であり活動です。本研究所を通して世界の研究者に日本を周知する挑戦であり、電子ジャーナルとして配信するものです。

この様に共同研究・総合研究をより一層促進するために、研究環境を整備しながら、これまでの研究を引き継ぎつつ、多くの所員の自由な発想を支援することで現代社会の総合研究を行なっています。

研究の達成状況

本研究所は研究成果を次の方法で公表しています。毎年度末に刊行する『現代社会研究』、2019年度から日本に関する学術成果を英語の学術論文を通して配信するJapanese Society and Cultureというジャーナルを創刊しました。特に電子ジャーナルとして配信されます。各研究の達成状況は、これらのジャーナルをご参照ください。

外部資金に基づくICTプロジェクトは、『デジタル教科書の実証研究―先行導入した武雄市の事例を中心にー(武雄市「ICTを活用した教育」第四次検証報告書に代えて)-』が刊行され、「スポーツの現代的課題」は『スポーツの現代的課題-哲学・キャリア・グローバルの視点からー』を刊行しました。

これらのほかには、Seeds支援一環として「Working Paper Series」を発行してきました。また研究所発足当初から定例で開催している「環境シンポジウム」をはじめ、著名人を招いての特別講演会や研究会、若手研究者の育成や支援を目的とした研究発表会を開催するなど、現代社会を探究する意義のある情報発信の機会を設けています。それらの内容と成果報告は上記の『現代社会研究』に掲載されています。

今後の展開(目標)

今後の研究活動は、既述のプロジェクト・研究会・Seeds支援を中核にしながら学部生や大学院生の教育活動にも資することのできるシンポジウムや講演なども実施することで、研究所に関連する様々な活動の流動化を醸成することが近々の目標です。そのなかで、学外機関との協力を慎重に進めつつ、特にAI・IoT分野を独立した分野ではなく、現代から近未来にかけての人間社会の不可欠な環境としてとらえながら、継続的な共同研究を模索・実施する計画です。

≪歴代所長≫

1

山谷 修作

経 済

2002年7月~2004年3月

2

松行 康夫

経 営

2004年4月~2006年3月

3

山下りえ子

2006年4月~2008年3月

4

松園   俊志

国際地域

2008年4月~2013年3月

5

澁澤健太郎

経 済

2013年4月~2016年3月

6

 石井 晴夫 経 営  2016年4月~2018年3月

 7

齋藤 洋  法  2019年4月~