MENUCLOSE

講演論文・口頭発表 2008 - 2009

2009年

J. G. MICHOPOULOS, A. A. ILLIOPOULOS, T. FURUKAWA
“A Framework for the Automated Data-driven Constitutive Characterization of Composites”, International Conference on Composite Materials, 2009.7
J. G. MICHOPOULOS, A. A. ILLIOPOULOS, T. FURUKAWA
“Accuracy of Inverse Composite Laminate Characterization Via the Mesh Free Random Grid Method”, IDETC/CIE 2009, 2009.11
L. C. MAK, T. FURUKAWA
“Non-Line-of-Sight Localization of a Controlled Sound Source”, IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, 2009
T. FURUKAWA
“Recursive Bayesian Estimation and Control for Inverse Analysis: Theory and its Application to Non-destructive Testing”, US National Congress on Computational Mechanics, 2009.8
T. FURUKAWA, J. G. MICHOPOULOS, J. W. PAN
“The Deterministic and Stochastic Energy-based Characterization of Composites: A Generalized Theoretical Framework”, 8th International Conference on Composite Materials, Edinburgh, 2009.7
S. H. LIM, T. FURUKAWA
“The Mechanistic Deconvolutive Image Sensor Model for an Arbitrary Pan-Tilt Plane of View”, International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, Paris, 2009
J. W. PAN, T. FURUKAWA, H. MAN
“Validation of the Stochastic Elastic Energy-based Characterization”, US National Congress on Computational Mechanics, 2009.8
K. MUROTANI, G. YAGAWA
“Large-sized Adaptive Fluid Analysis using Progressive Tetrahedralization”, The 15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, Book of Abstract, Tokyo, Japan, 2009.4.1-3
Y. KANTO
“XFEM Formulation of a Hermitian Type Triangular Element only with Corner Nodes”, International Conference on Numerical Analyses in Engineering, Lombok, Indonesia, 2009.5.14-15
Y. FURUTACHI, K. SUGA, Y. EZAWA
“Efficient finite element method for elastic object with uniform cross-section including a different substance (in Japanese)”, Material & Mechanics Conference 2009, Sapporo, Japan, 2009.7.24-26
K. SUGA
“Hierarchical Optimization for Cathodic Protection”, mini symposium on Fracture and Strength of Solids 2009, Penang, MALAYSIA, 2009.6.4-5
Y. WADA, T. HAYASHI, M. KIKUCHI
“Mesh Generation for Surface Crack Propagation Analysis”, Tokyo University of Science, Suwa, Virginia Tech, Department of Mechanical Engineering, Graduate Seminar Series, 1870 Litton Reeves, 2009.11.11
K. SUGA
“Optimization for Cathodic Protection with Hierarchical Mesh and Genetic Algorithm (in Japanese)”, JSME 22th Computational Mechanics Conference, Kanazawa, Japan, 2009.10.10-12
K. SUGA
“Optimizing using Hierarchical GA and BEM for Cathodic Protection”, 10th US National Congress on Computational Mechanics, Columbus, Ohio, USA, 2009.7.16-19
Y. EZAWA, Y. FURUTACHI, K. SUGA, S. AOKI
“Simulation Technique for detecting a different substance (in Japanese)”, JSME 22th Computational Mechanics Conference, Kanazawa, Japan, 2009.10.10-12
Y. WADA, Y. ORITA, M. KIKUCHI
“Surface crack mesh generation method using hexahedral element (#158256)”, Abstracts of 10th U.S. National Congress on Computational Mechanics, CD-ROM 1 page, Columbus, OHIO, USA, 2009.7.16-19
J. UEBAYASHI, Y. TAMURA, Y. MATSUMOTO
“Large-Scale Analysis of Focused Ultrasound in Heterogeneous Media”, 9th International Symposium on Therapeutic Ultrasound (ISTU 2009), Aix en Provence, France, 2009.9.23-26
T. IKEDA, T. KANNO, N. SHISHIDO, N. MIYAZAKI, H. TANAKA, T. HATANO
“Measurement of Strain in Microelectronic Package Using the Digital Image Correlation Method for the Reliable Numerical Analysis”, The 11 th International Conference on Electronic Materials and Packaging (EMAP 2009), (in CD), Penang, Malaysia, 2009.10
H. OKADA, T. TOKUDA, H. KAWAI, Y. FUKUI
“Analysis of arbitrary shaped three-dimensional cracks by using a viryual crack-closure integral method (VCCM)for tetrahedral finite element”, TRANSFERABILITY AND APPLICABILITY OF CURRENT MECHANICS APPROACHES(MF2009), pp.59-64, 2009.10
M. FUKAYA, Y. TAMURA, Y. MATSUMOTO
“Prediction of Impeller Speed Dependency of Cavitation Intensity in Centrifugal Pump Using Cavitating Flow Simulation with Bubble Flow Model”, The 7th of International Symposium on Cavitation, Ann Arbor, Michigan, USA, 2009.8.17-22
Y. YAMAGUCHI, J. KATSUYAMA, K. ONIZAWA, H. SUGINO, Y. LI, G. YAGAWA
“Experimental and Analytical Studies on the Effect of Excessive Loading on Fatigue Crack Propagation in Piping Materials”, ASME Pressure Vessels and Piping Division Conference, Prague, Czech Republic, 2009.7.26-30
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Atomic Study of the Effect of Hydrogen on Dislocation Emission from Crack Tip in Alpha Iron”, 10th US National Congress on Computational Mechanics (USNCCM X), Columbus, USA, 2009.7
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, N. MIYAZAKI
“Atomistic Study of Hydrogen Distributions around Lattice Defects and Defect Energies under Hydrogen Environment”, 12th International Conference on Fracture (ICF12), Paper: T19.012 (in CD), Ottawa, Canada, 2009.7
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, N. MIYAZAKI
“Atomistic Study of Hydrogen Effect on Cohesive Energy of Grain Boundaries in Alpha Iron”, 10th US National Congress on Computational Mechanics (USNCCM X), Columbus, USA, 2009.7
K. YOSHIDA, T. IKEDA, N. MIYAZAKI, H. TOMOKAGE
“Device Simulations of Mechanical Stress Effects on Electrical Characteristics of nMOSFETs: Impact of Local Stress in nMOSFETs”, ASME/Pacific Rim Technical Conference and Exhibition on Packaging and Integration of Electronic and Photonic Systems, MEMS, and NEMS (InterPACK'09), InterPACK2009-89112 (in DVD), San Francisco, USA, 2009.7
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Hydrogen Effect on Dislocation Emission from a Crack Tip in Alpha Iron”, 12th International Conference on Fracture (ICF12), Paper: T19.019 (in CD), Ottawa, Canada, 2009.7
T. IKEDA, T. MIZYTANI, N. MIYAZAKI
“Hygro-Mechanical Analysis of LCD Panels”, ASME/Pacific Rim Technical Conference and Exhibition on Packaging and Integration of Electronic and Photonic Systems, MEMS, and NEMS (InterPACK'09), InterPACK2009-89267 (in DVD), San Francisco, USA, 2009.7
N. MIYAZAKI, H. KOTAKE, R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI
“Transient Hydrogen Diffusion Analyses of a Surface Crack in a Three-Dimensional Body”, 12th International Conference on Fracture (ICF12), Paper: T19.013 (in CD), Ottawa, Canada, 2009.7
R. SHIOYA, K. MUROTANI, G. YAGAWA,
“An Adaptive Analysis of Fracture Mechanics Using A Hierarchiical Mesh on The Adventure System”, Mini Symposium on Fracture and Strength of Solids 2009, p.18, Penang, MALAYSIA, 2009.6.4
M. SHIMODA, K. IWASA, H. AZEGAMI
“A Shape Optimization Method for the Optimal Free-form Design of Shell Structures” The 8th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization, Lisbon, Portugal, 2009.6.2
H. AZEGAMI, Y. IWATA, E. KATAMINE
“Numerical solution of shape optimization problems for Navier-Stokes problems” The 8th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization, Lisbon, Portugal, 2009.6.2
Y. HAN, M. KOGANEMARU, T. IKEDA, N. MIYAZAKI, Y. KIYOTA, W. CHOI, H. TOMOKAGE
“Effect of Uni-axial Mechanical Stress on the Scattering Parameters of Metal-oxide-semiconductor Field Effect Transistors”, International Conference on Electronics Packaging 2009 (ICEP2009), Paper No.15K-1-1 (in CD), Kyoto, Japan, 2009.4
N. SHISHIDO, T. IKEDA, N. MIYAZAKI
“Measurement of Three-dimensional Surface Displacement Using the Digital Image Correlation with AFM Image”, International Conference on Electronics Packaging 2009 (ICEP2009), Paper No.15K-3-1 (in CD), Kyoto, Japan, 2009.4
T. KANNO, T. IKEDA, N. MIYAZAKI, H. TANAKA, T. HATANO
“Reliability Evaluation of Flip Chip Packages Using the Digital Image Correlation Method and the FEM Analyses”, International Conference on Electronics Packaging 2009 (ICEP2009), Paper NoP-01 (in CD), Kyoto, Japan, 2009.4
N. MIYAZAKI, H. OGINO, Y. KITAMURA, T. MABUCHI, T. NAWATA
“Birefringence Simulations of Annealed Ingot of Calcium Fluoride Single Crystal (Consideration of Creep Behavior of Ingot during Annealing Process)”, SPIE Advanced Lithography 2009, San Jose, USA, 2009.2
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Effect of Hydrogen on Edge Dislocation Emission from Mode II Crack Tip in Alpha Iron”, International Hydrogen Energy Development Forum 2009, Fukuoka, Japan, 2009.2
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, N. MIYAZAKI, Y. INOUE, M. RIKU
“Interaction between Hydrogen and Lattice Defects in Alpha Iron”, International Hydrogen Energy Development Forum 2009, Fukuoka, Japan, 2009.2
長岡慎介, 中林靖, 矢川元基
“EFMMの連成解析における有効性の検証”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, No.2425, 2009.10.10-12
関東康祐
“Hermite型要素を用いたXFEM き裂解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, 2009.10.10-12
川澄拓矢, 関東康祐
“Optionパターンを用いたFEMプログラムへの非線形解析機能拡張について”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, 2009.10.10-12
室谷浩平, 塩谷隆二, 矢川元基
“3次元階層メッシュを用いた亀裂進展解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, 2009.10.10-12
落合和明, 中林靖
“GPUを用いた流体解析コードの高速化”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, No.403, 2009.10.10-12
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基, 金永鎮
“内部き裂問題におけるニューラルネットワークを用いた円孔によるき裂進展阻止シミュレーション”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, No.1308, 金沢大学, 金沢, 2009.10.10-12
増田正人, 中林靖
“フリーキック・サポート・システムへの自己組織化マップの適応”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢大学, 金沢, No.818, 2009.10.10-12
折田陽平, 和田義孝, 菊池正紀
“1318 6面体要素生成技術を用いた混合モード表面き裂進展解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演論文集, 金沢, CD-ROM, No.08-33, 2 pages, 2009.10.10-12
鶴見伸夫, 田村善昭, 松本洋一郎
“キャビテーション流れ解析のための気泡モデルの改良”, 第23回数値流体力学シンポジウム, 仙台, 2009.12.16-18
上林純子, 田村善昭, 松本洋一郎
“頭蓋骨と脳の影響を考慮した集束超音波の大規模解析”, 第23回数値流体力学シンポジウム, 仙台, 2009.12.16-18
藤井秀典, 古澤寛行, 田村善昭
“大規模流体解析結果の可視化処理の改良”, 第23回数値流体力学シンポジウム, 仙台, 2009.12.16-18
平野和也, 田村善昭
“Level-Set法を用いた圧縮性気液二相流の数値解析”, 第23回数値流体力学シンポジウム, 仙台, 2009.12.16-18
畔上秀幸
“境界値問題に対する形状最適化理論の再検討”, 日本応用数理学会研究部会, 特異性を持つ連続体力学第9回ワークショップ, 湘南国際村センター, 2009.11.22
田中智行, 岡田裕, 岡澤重信
“ウェーブレットガラーキン法を用いた三次元き裂解析に関する研究”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢大学, 金沢, CD-ROM, 2009.10
田中智行, 岡田裕, 岡澤重信
“ウェーブレットガラーキン法を用いた三次元破壊力学解析”, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第2号, p.669-672, 2009.5
田中智行, 岡田裕, 岡澤重信
“ウェーブレッド有限要素法の破壊力学解析への適用”, 第58理論応用力学講演会, 講演論文集, NCTAM2009, p.89-90, 2009.6
岡田裕, 河合浩志, 徳田貴志
“き裂メッシュ自動生成手法と四面体二次要素用VCCMを用いた三次元き裂(進展)解析”, 第58理論応用力学講演会, 講演論文集, NCTAM2009, p.421-422, 2009.6
徳田貴志, 岡田裕, 河合浩志, 福井泰好
“三次元形状を有するき裂の有限要素法モデル生成”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢市, CD-ROM, 2009.10
岡田裕
“三次元破壊力学解析の高度化に関する研究”, 東洋大学計算力学研究センター第4回計算力学シンポジウム, 東京, 2009.3
河合浩志, 岡田裕
“三次元複雑形状き裂解析のための四面体自動メッシュ生成について”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢市, CD-ROM, 2009.10
岡田裕, 河合浩志, 徳田貴志, 福井泰好
“四面体2次有限要素を用いたき裂進展解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢市, CD-ROM, 2009.10
岡田裕, 大屋賢典, 田中智行
“重合メッシュ法解析における変位関数の一次独立性に関する問題とそのき裂問題への応用”, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第1号, p.397-400, 2009.5
河合浩志, 岡田裕
“破壊力学解析のためのき裂付きメッシュ自動生成について”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢市, CD-ROM, 2009.10
河合浩志, 岡田裕
“破壊力学解析のための四面体メッシュ生成の曲面形状への対応”, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第1号, p.379-380, 2009.5
田中智行, 安?, 岡田裕, 岡澤重信
“溶接継手部に発生するき裂の三次元破壊力学解析”, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第1号, p.381-384, 2009.5
平井宏, 池田徹, 宮崎則幸
“圧電効果を考慮した異種材接合端部の特異応力場解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
武富紳也, 松本龍介, 宮崎則幸
“α鉄における刃状転位芯近傍の水素拡散障壁に関する検討”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
小林陽介, 塩谷隆二, 矢川元基
“Enriched Free Mesh Methodによる超大規模並列固有振動解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, CMD2009, 金沢市, 2009.10
吉田圭佑, 小金丸正明, 池田徹, 宮崎則幸, 友景肇
“応力効果を考慮したデバイスシミュレーションによるナノデバイス(nMOSFET)特性変動評価”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
宍戸信之, 桑原達彦, 松本龍介, 池田徹, 宮崎則幸
“画像ゆがみ補正を用いたAFM画像へのデジタル画像相関法の適用”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
松本龍介, 宮崎則幸
“金属ガラス中のせん断帯の生成・成長挙動に関するモデル解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
西口直, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“水素がα-Fe中の空孔濃度に及ぼす影響に関する原子モデル解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
陸茉莉花, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“水素ガス環境下のα鉄における粒界凝集エネルギーに関する電子・原子シミュレーション”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
榎本龍博, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“第一原理計算に基づく水素ガス環境下におけるAl中の格子欠陥まわりの水素占有率の評価”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
貫野敏史, 池田徹, 宮崎則幸, 田中宏之, 畑尾卓也
“デジタル画像相関法によるFlip Chip パッケージ内部のひずみ測定とFEM解析精度の向上”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
北村優太, 宮崎則幸, 荻野洋岳, 真淵俊朗, 縄田輝彦
“任意方向育成フッ化カルシウム単結晶のアニール後の複屈折解析(クリープ挙動を考慮した解析)”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
片峯英次, 箕浦好二, 三ヶ田真吾, 畔上秀幸
“熱伝導率の温度依存性を考慮した定常熱伝導場の形状最適化”, 日本応用数理学会, 2009年度年会講演予稿集, pp.317-318, 2009.9.30
畔上秀幸, 岩田侑太朗, 片峯英次
“非定常 Navier-Stokes 問題における形状最適化問題の数値解法”, 日本応用数理学会, 2009年度年会講演予稿集, pp.325-326, 2009.9.30
池田徹, 堀池弘一, 松本龍介, 宮崎則幸
“分子シミュレーションによる異種結晶接合角部の応力場と破壊靱性評価”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
高山和則, 宮崎則幸, 松本龍介, 武富紳也
“有限要素法を用いたき裂を含む内圧負荷円筒の水素拡散解析”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 金沢市, 2009.10
鈴木隼人, 松原仁, 江澤良孝, 矢川元基
“回転とひずみ自由度を考慮したEnriched Free Mesh Method”, 日本機械学会, 第22回計算力学講演会, 石川, 2009.10.10-12
小金丸正明, 吉田圭祐, 池田徹, 宮崎則幸, 友景肇
“NMOSFET内部の応力分布を考慮したデバイスDC特性変動シミュレーション”, 日本機械学会, 2009年度年次大会, 盛岡市, 2009.9
宮里真也, 山城建樹, 松原仁, 富山潤
“高精度粗骨材ポリゴンモデル作成システムの開発”, 土木学会, 第64回年次学術講演概要集, V-585, pp.1167-1168, 2009
木村隆, 松原仁, 伊良波繁雄
“3次元Enriched Free Mesh Method の開発及び性能評価”, 土木学会, 第64回年次学術講演概要集, I-638, pp.1275-1276, 2009
貫野敏史, 宍戸信之, 池田徹, 宮崎則幸, 田中宏之, 畑尾卓也
“デジタル画像相関法と有限要素法を用いたFlip chip パッケージのはんだ接合部の熱疲労信頼性評価”, 日本機械学会, 2009年度年次大会, 盛岡市, 2009.9
吉田圭祐, 池田徹, 宮崎則幸, 小金丸正明, 友景肇
“半導体ナノデバイス内部応力分布を考慮したデバイスシミュレーション”, 第19回マイクロエレクトロニクスシンポジウム(MES2009), 福岡市, 2009.9
鈴木隼人, 松原仁, 江澤良孝, 矢川元基
“回転自由度を考慮したEnriched Free Mesh Method”, 日本機械学会, 関東支部ブロック合同講演会2009, 群馬, 2009.9.26
鶴見伸夫, 田村善昭, 松本洋一郎
“キャビテーション流れ解析のための気泡モデル”, 第58回理論応用力学講演会, 東京, 2009.6
土居博昭, 柴田悟, 岡田裕, 矢川元基
“き裂進展解析システムの開発”, 日本機械学会, 2009年度年次大会, 岩手, 2009.9.13-16
李銀生, 長谷川邦夫, 土居博昭, 矢川元基
“配管の塑性崩壊曲げ応力に及ぼす内圧と管半径の影響に関する考察”, 日本機械学会, 2009年度年次大会, 岩手, 2009.9.13-16
古舘裕樹, 須賀一博, 江澤良孝
“異物を含む一様断面弾性体に対する有限要素解析の効率化”, 日本機械学会, M&M2009材料力学カンファレンス, 札幌, 2009.7.25
鈴木隼人, 松原仁, 江澤良孝, 矢川元基
“Enriched Free Mesh Methodのき裂問題への適用”, 日本機械学会, M&M2009材料力学カンファレンス, 札幌, 2009.7.25
藤井秀典, 古澤寛行, 田村善昭
“大規模解析結果の可視化処理の改良”, 第37回可視化情報シンポジウム講演論文集, 東京, 可視化情報 29-Suppl, No.1, pp.285-290, 2009.7
田村善昭, 古澤寛行, 藤井秀典, 宮本勇輝
“大規模計算力学解析結果可視化のためのデータ処理”, 第37回可視化情報シンポジウム講演論文集, 東京, 可視化情報 29-Suppl, No.1, pp.129-132, 2009.7
宮本勇輝, 田村善昭
“大規模数値計算のための可視化処理”, 第37回可視化情報シンポジウム講演論文集, 東京, 可視化情報 29-Suppl, No.1, pp.291-294, 2009.7
河合浩志, 荻野正雄, 塩谷隆二, 吉村忍
“地球シミュレータによる2億自由度構造解析とオフライン可視化”, 第37回可視化情報シンポジウム, 東京, 2009.7
室谷浩平, 矢川元基
“Level-of-detailを用いた有限要素解析と可視化”, 第37回可視化情報シンポジウム, 東京, 2009.7
小林陽介, 塩谷隆二, 矢川元基
“EFMM離散化モデルの大規模並列固有値解析”, 第58回理論応用力学講演会, 東京, 2009.6
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基, 金永鎮
“亀裂進展シミュレーションのクラックアレスターへの応用”, 第58回理論応用力学講演会, 東京, 2009.6.9
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基
“3点曲げ試験解析におけるニューラルネットワークによるクラックアレスターの評価”, M&M2009材料力学カンファレンス, 札幌, 2009.7.24
小林陽介, 塩谷隆二, 矢川元基
“並列Enriched Free Mesh Methodによる固有振動解析”, 第28回日本シミュレーション学会大会, 東京, 2009.6
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“三次元Enriched Free Mesh Method の動弾性問題への適用”, 第58回理論応用力学講演会, 東京, 2009.6.9-11
武富紳也, 松本龍介, 宮崎則幸
“α鉄中の転位及び水素の運動に要するエネルギー障壁に関する研究” 第14回分子動力学シンポジウム, 松山市, 2009.5
陸茉莉花, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“水素環境下のα鉄における粒界凝集得ベルギーに関する原子モデル解析” 第14回分子動力学シンポジウム, 松山市, 2009.5
西口直, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“水素による原子空孔の増殖機構に関する原子モデル解析” 第14回分子動力学シンポジウム, 松山市, 2009.5
榎本龍博, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“第一原理計算を用いたAl中の格子欠陥と水素の相互作用エネルギーの評価” 第14回分子動力学シンポジウム, 松山市, 2009.5
松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“電子・原子レベル解析を用いた格子欠陥の水素トラップエネルギーの評価” 第14回分子動力学シンポジウム, 松山市, 2009.5
荻野正雄, 河合浩志, 塩谷隆二, 吉村忍
“BDD法のマルチコア向け実装と収束性評価”, 日本計算工学会, 第14回計算工学講演会, 東京大学産技術研究所, Vol.14, No.1, pp.221-224, 2009.5.13
深谷征史, 田村善昭, 松本洋一郎
“気泡流モデルキャビテーション流れ解析による遠心ポンプ内のキャビテーション強さの回転数速度依存性予測”, キャビテーションに関するシンポジウム(第14回), 仙台, 2009.3.19-20
鶴見伸夫, 田村善昭
“キャビテーション流れ解析のためのモデルの提案と検証”, キャビテーションに関するシンポジウム(第14回), 仙台, 2009.3.19-20
岩井孝広, 畔上秀幸
“大変形接触する弾性体の形状同定問題の解法”, 日本応用数理学会, 2009年研究部会連合発表会, 京都大学理学部, 京都, 2009.3.7
梅村公博, 畔上秀幸
“リンク結合された線形弾性体の形状最適化問題の解法”, 日本応用数理学会, 2009年研究部会連合発表会, 京都大学理学部, 京都, 2009.3.7
松田和敏, 池田徹, 宮崎則幸
“多層基板の熱変形挙動の予測およびそのパッケージの反り解析への適用”, Mate2009, 第15回エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術シンポジウム, 横浜市, 2009.1
貫野敏史, 宍戸信之, 池田徹, 宮崎則幸, 田中宏之, 畑尾卓也
“デジタル画像相関法と有限要素法を用いた多層基板中のはんだ接合部の熱サイクル疲労強度評価”, Mate2009, 第15回エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術シンポジウム, 横浜市, 2009.1

2008年

D. WATMAN, T. FURUKAWA
“A System for Motion Control and Analysis of High-Speed Passively Twisting Flapping Wings”, IEEE International Conference on Robotics and Automation, 6 pages, Pasadena, California, 2008.5.19-23
B. LAVIS, Y. YOKOKOHJI, T. FURUKAWA
“Estimation and Control for Cooperative Autonomous Searching in Crowded Urban Emergencies”, IEEE International Conference on Robotics and Automation, 7 pages, Pasadena, California, 2008.5.19-23
K. MUROTANI, G. YAGAWA
“Hierarchical Meshing and Its Applications to Adaptive Large-Scale FEM”, 8th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM8), MS055C (2pages in CD-ROM, a2103.pdf), Venice, Italy, 2008.6.30-7.5
K. MUROTANI
“High-speed adaptive analysis using hierarchical mesh for crack propagation”, SKKU-Toyo Univ. Joint Forum on Computational Mechanics, Sungkyunkwan University , Seoul, 2008.8.28
K. SUGA
“How to Use Inverse Analysis on Engineering”, Xinjiang University, China, 2008.1.7
H. M. MAN, T. FURUKAWA
“Implicit Constitutive Modeling based on the Energy Principle”, 22nd International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2008), 2 pages, Adelaide, 2008.8.25-29
D. KELLERMANN, T. FURUKAWA
“Intrinsic Field Tensors for Strongly Orthotropic Continua”, 22nd International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2008), 2 pages, Adelaide, 2008.8.25-29
K. SUGA
“Inverse Problems on Engineering”, Northwestern Polytechnical University, China, 2008.1.13
Y. WADA, T. HAYASHI, M. KIKUCHI
“Mesh quality improvement for unstructured quadrilateral multigrid analysis”, Proceedings of ICCES'08(CD-ROM), 6 pages, Paper No. : ICCES0820071228488, ICCES'08 USA, Honolulu, Hawaii, USA, 2008.3.16-22
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, S. MATSUMOTO, Y. INOUE, N. MIYAZAKI
“Molecular Dynamics Study of Hydrogen Effects on the Fracture Behavior of bcc-Fe Single Crystals”, ICCES'08, International Conference on Computational & Experimental Engineering and Sciences, Hawaii, USA, 2008.3
K. SUGA, K. MINAGAWA, S. AOKI
“Multi Resolution Inverse Analysis for Corrosion Detection with Net Element and Genetic Algorithm”, WCCM8-ECCOMAS2008, Venice, Italy, 2008.6.30-7.4
K. MUROTANI, G. YAGAWA
“Noise Filtering of Images Using Generalized Singular Spectrum Analysis”, The 16th International Conference in Central Europe on Computer Graphics, Visualization and Computer Vision 2008. University of West Bohemia, Plzen, Czech Republic, 2008.2.4-7
K. SASAKI, N. IWASA, T. KUROSU, K. SAITO, Y. KOIKE, Y. KAMITA, Y. TOYODA
“Thermal and Structural Simulation Techniques for Estimating Fatigue Life of an IGBT Module”, Proceedings of the 20th International Symposium on Power Semiconductor Devices & IC's, pp. 181-184, 2008.5
Y. EZAWA, H. SUZUKI, Y. SHINKAWA
“Three-Dimensional Mesh Generation using the Crossed Circles Method”, The joint VIII World Conference on Computational Mechanics (WCCM VIII) and V European Congress on Computational Methods in Applied Science and Engineering (ECCOMAS V), Venice, Italy, 2008.6
T. IKEDA, N. SHISHIDO, N. MIYAZAKI
“Full-field Displacement Measurement Using Digital Image Correlation Method for a Laser Scanning Microscopic Image”, The Third International Symposium on Advanced Fluid Solid Science and Technology in Experimental Mechanics (ISEM 2008), Tainan, Taiwan, 2008.12
H. OKADA, H. KAWAI, Y. KANDA, T. FUJISAWA, G. YAGAWA
“FULLY AUTOMATED 3D-CRACK PROPAGATION ANALYSES BASED ON TETRAHEDRAL FINITE ELEMENTS”, 8th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) , CD-ROM, Venice, Italy, 2008.7
S. TANAKA, H. OKADA, S. OKAZAWA, M. FUJIKUBO
“On fracture mecahncis analysis using B-Spline wavelet finite element method”, 8th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) , CD-ROM, Venice, Italy, 2008.7
H. OKADA, H. KAWAI, T. FUJISAWA, T. IRIBE, Y. KANDA
“On the Development of Fully Automated 3-D Fracture Mechanics Analysis System”, The 8th International Symposium of the Japan Welding Engineering Society, 2008.11
Y. KITAMURA, N. MIYAZAKI, T, MABUCHI, T. NAWATA
“Birefringence Simulation of Annealed Ingot of Magnesium Flioride Single Crystal ”, The 3rd IMPACT and The 10th EMAP Joint Conference, Taipei, Taiwan, 2008.10
H. AZEGAMI, Y. IWATA, S. KAIZU, E. KATAMINE
“Error Estimate of the Shape Gradient for the Stokes Problem by Finite Element Method”, Proceedings of the Fifth China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (Web site), pp. 1-6, Jeju Island, Korea, 2008.6.16
M. SHIMODA, S. MOTORA, H. AZEGAMI
“Practical Shape Optimization Method for Design of Three Dimensional Structure”, Proceedings of the 8th World Congress on Computational Mechanics (CD-ROM), pp. 1-2, 2008.6.30
E. KATAMINE, Y. KAWASE, H. AZEGAMI
“Shape Identification of Forced Heat-Convection Fields”, Proceedings of the 8th World Congress on Computational Mechanics (CD-ROM), pp. 1-2, 2008.6.30
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Atomistic Study of Hydrogen Diffusion Around a Dislocation in Alpha Iron”, 2008 International Hydrogen Conference Effects of Hydrogen on Materials, Wyoming, USA, 2008.9
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, Y. INOUE, N. MIYAZAKI
“Estimation of Hydrogen Distribution Around Dislocations Based on First Principle Calculations”, 2008 International Hydrogen Conference Effects of Hydrogen on Materials, Wyoming, USA, 2008.9
M. KOGANEMARU, T. IKEDA, M. KOMORI, N. MIYAZAKI , Y. YAMAGUCHI, H. TOMOKAGE
“Evaluation of Stress-induced effect on Electronic Characteristics of nMOSFETs Using Mechanical Stress Simulation and Drift-Diffusion Device Simulation”, 2nd Electronics System-Integration Technology Conference (ESTC 2008), London, UK, 2008.9
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, S. MATSUMOTO, Y. INOUE, N. MIYAZAKI
“Atomistic Study of Interaction between Hydrogen Atoms and Dislocations around Mode I Crack Tip”, 8th World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) in Conjunction with 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008), Venice, Italy, 2008.7
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Effect of Hydrogen on (110)[111] Edge Dislocation Mobility in Alpha Iron”, 8th World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) in Conjunction with 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008), Venice, Italy, 2008.7
K. NISHIMURA, R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, N. MIYAZAKI
“Molecular Dynamics Study on Dislocation Activities in Iron Specimens Including Hydrogen”, 8th World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) in Conjunction with 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008), Venice, Italy, 2008.7
T. IKEDA, Y, NOMURA, N. MIYAZAKI
“Stress Intensity Factors Analyses of a Three-Dimensional Interface Corner between Dissimilar Anisotropic Materials under Thermal Stress”, 8th World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) in Conjunction with 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008), Venice, Italy, 2008.7
R. Miresmaeili, M. OGINO, R. SHIOYA, H.KAWAI, H. KANAYAMA
“Numerical Simulation of the Crack Tip Elastic-Plastic State”, 8th Worla Congress on Computational Mechanics(WCCM) in Conjunction with 5th European Congress on Computational Nethods in Applied Sciences and Engineering(ECCOMAS 2008), Venice, Italy 2008.6.30
T. ABE, S. SATO, K. TAGUCHI, Y. TAMURA
“Acoustic Wave Analysis for a DBD Plasma Actuator”, AIAA 39th Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, USA, 2008.6.23-26
Y. TAMURA, Y. NAKAJIMA, J. UEBAYASHI, Y. MATSUMOTO
“Evaluation and Application of Large-Scale Ultrasound Propagation Simulation in Heterogeneous Media”, WCCM8-ECCOMAS2008, Venice, Italy, 2008.6.30-7.4
Y. TAMURA, Y. MATSUMOTO
“Improvement of Bubble Model for Cavitating Flow Simulations”, Cavitation Forum 2008, Coventry, UK, 2008.7.7-9
S. TANAKA, H. OKADA, S. OKAZAWA, M. FUJIKUBO
“On fracture mechanics analysis using B-Spline wavelet finite element method”, ICCES'08, International Conference on Computational & Experimental Engineering and Scences, Proceedings of ICCES'08, (CD-ROM), ICCES'08 online, Techscience press, Honolulu, USA, 2008.3
H. OKADA
“Three-dimensional crack propagation analysis based on VCCM (virtual crack closure-integral method) for tetrahedral finite element”, International Conference on Computational Engineering, Seoul Korea (Seoul National University), 2008.4
H. OKADA, S. KONDO
“Toward Structural Integrity Analyses based on a Temporal Multisclae Scheme”, ICCES'08, International Conference on Computational & Experimental Engineering and Scences, Proceedings of ICCES'08 (CD-ROM), ICCES'08 online, Techscience press, 2008.3
N. SHISHIDO, T. IKEDA, N. MIYAZAKI
“Full Field Displacement Measurement Using Digital Image Correlation method for Laser Scanning Confocal Microscopic Image”, International Conference on Computational and Experimental Engineering and Science (ICCES'08), Honolulu, USA, 2008.3
S. TAKETOMI, R. MATSUMOTO, N. MIYAZAKI
“Molecular Dynamics Study of Hydrogen Diffusion around a (112)[111] Edge Dislocation in Alpha Iron”, International Conference on Computational and Experimental Engineering and Science (ICCES'08), Honolulu, USA, 2008.3
T. IKEDA, Y. NOMURA, N. MIYAZAKI
“Stress Intensity Factor of an Interfacial Corner between Anisotropic Bimaterials under Thermal Stress”, International Conference on Computational and Experimental Engineering and Science (ICCES'08), Honolulu, USA, 2008.3
M. NAGAI, T. IKEDA, N. MIYAZAKI
“Stress Intensity Factors Analyses of Three-Dimensional Interface Cracks Using the Tetrahedral Finite Elements”, International Conference on Computational and Experimental Engineering and Science (ICCES'08), Honolulu, USA, 2008.3
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, S. MATSUMOTO, Y. INOUE, N. MIYAZAKI
“Molecular Dynamics Study of Hydrogen Effects on Mode I Crack Growth Behavior in bcc-Fe”, International Hydrogen Energy Development Workshop 2008, Fukuoka, 2008.2
R. MATSUMOTO, S. TAKETOMI, N. MIYAZAKI
“Molecular Statics Study of Hydrogen Occupation Sites around a (112)[111] Edge Dislocation in Bcc-Fe”, International Hydrogen Energy Development Workshop 2008, Fukuoka, 2008.2
荻野正雄, 塩谷隆二, 河合浩志, 吉村忍
“IBDD-DIAG法を用いた2億自由度規模原子炉圧力容器フルモデルの地震応答解析”, 第13回計算工学講演会論文集, Vol.13, No.2, pp.649-652, 2008.5
須賀一博, 皆川浩一, 早房敬祐, M.リダ, 天谷賢治, 青木繁
“遺伝的アルゴリズムと網目要素を用いた多段階逆解析による鉄筋腐食検出”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 琉球大学, 沖縄, 2008.11.1-3
酒井譲
“SPH法による電磁場解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会論文集, pp.174-175, 2008
タンコポ, 酒井譲
“SPH法の補間精度に関する基礎的検討”, 計算工学講演会論文集, 第13巻, 第2号, pp.297-298, 2008
酒井譲
“SPH法を用いたき裂進展解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会論文集, pp.181-182, 2008
荻野正雄, 塩谷隆二, 金山寛, 宗清尚平
“MPCを考慮した大規模構造解析向けの並列バランシング前処理法”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 08-33, pp.900-901, 2008.11
中林靖, 増田正人, 吉村忍
“LESモデルによるサッカーボールの空力係数の評価”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
室谷浩平
“階層メッシュを用いたアダプティブPH法による亀裂進展解析”, 東京理科大学, 2008.6.20
古舘裕樹, 島村真介, 須賀一博, 江澤良孝
“カルマンフィルターを用いた配管内の腐食同定”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11
江澤良孝
“構造解析における諸問題”, 計算科学フロンティアフォーラム, 2008.9
室谷浩平
“高速なアダプティブメッシングを実現するための階層的なメッシュデータ構造とその応用”, 第3回計算科学フロンティアフォーラム, 東京, 東京ガーデンパレス(お茶の水), 2008.9.9
江澤良孝
“CAEに適した要素分割技術”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, CD-ROM, 2008.11
落合和明, 中林靖
“CUDAを用いた行列ベクトル積の高速化手法に関する検討”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
増田正人, 中林靖
“自己組織化マップを用いたフリーキックサポートシステムの高精度化”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
新川幸洋, 江澤良孝
“自動分割に適した高精度可変節点数要素の研究”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, CD-ROM, 2008.11
塩谷隆二, 荻野正雄
“スーパーコンピュータによる大規模原子炉圧力容器解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 08-33, pp.49-50, 2008.11
塩谷隆二, 荻野正雄, 金山寛, 藤野圭
“大規模可視化を考慮したネットワーク型CAEシステムの構築”, 第13回計算工学講演会論文集, Vol.13, No.2, pp.927-928, 2008.5
室谷浩平
“大規模高速な階層メッシュを用いたアダプティブ解析とその応用”, 第3回計算力学シンポジウム, 東洋大学白山キャンパス, 2008.3.18
古舘裕樹, 島村真介, 須賀一博, 江澤良孝, 青木繁
“弾性波による配管内の腐食同定逆解析”, 日本機械学会, M&M2008, 材料力学カンファレンス(材料力学部門企画), CD-ROM, 2008.9
荻野正雄, 塩谷隆二, 河合浩志, 宗清尚平
“2億自由度の原子炉容器地震応答シミュレーションの並列サーバサイド可視化”, 第13回計算工学講演会論文集, Vol.13, No.2, pp.653-654, 2008.5
関東康祐
“任意要素分割/任意積分径路形状に対応したJ積分評価手法”, 計算力学講演会, 琉球大学, 沖縄, 2008.11.1-3
安達元, 須賀一博, 江澤良孝
“配管内の壁面近傍流れを考慮したカソード防食の最適化”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, CD-ROM, 2008.11
小野寺誠, 西垣一朗, 廣喜充, 金剛力
“パラメトリックメッシュモーフィング技術の開発”, 日本機械学会, 第18回設計工学・システム部門講演会, pp.156, 2008.11
関東康祐, 鬼沢邦雄, 吉村忍
“非破壊検査の精度による破壊確率への影響”, 第17回電磁現象および電磁力に関するコンファレンス, 日立, 2008.11.20-21
塩崎聖治, 崎山幸紀, 高木周, 松本洋一郎
“不均一触媒反応のマルチスケール解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11
北川政宏, 酒井譲
“粒子法解析におけるボリュームデータの応用手法と人体頭部損傷解析”, 計算工学講演会論文集, 第13巻, 第2号, pp.291-294, 2008
酒井譲, 岸野祐介
“粒子法を用いた災害シミュレーションにおける自然地形・都市構造モデル生成方法”, 計算工学講演会論文集, 第13巻, 第2号, pp.873-874, 2008
河合浩志, 荻野正雄, 塩谷隆二, 吉村忍
“領域分割法における反復法を用いた領域FEM計算”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 08-33, pp.904-905, 2008.11
和田義孝, 折田陽平, 菊池正紀
“6面体要素による3次元表面き裂メッシュ生成手法”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008
高宮広樹, 岡田裕, 酒井譲, 福井泰良
“SPH法を用いた傾斜機能材料の半溶融加工の解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11
中尾賢二, 岡澤重信, 西口浩司, 野田重穂, 高木周, 岡田裕, 松澤照男, 熊畑清, 北脇知己, 川島康弘
“オイラー型統一解法による個体-流体連成解析手法”, 日本機械学会, 2008年度年次大会講演論文集, Vol.6, No.08-6, pp.99-100, 2008.8
岡田裕, 河合浩志
“き裂のパラメトリックスタディや進展解析のための三次元き裂の自動解析システム”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11
大野信忠, 岡田裕, 萩原一郎, 金山寛
“JCST-計算力学部門英文ジャーナルについて”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11
岡田裕, 近藤俊平
“時系列マルチスケール手法による繰返し負荷を受ける弾塑性材料の解析(疲労と疲労き裂進展解析を目指して)”, 日本機械学会, M&M材料力学カンファレンス, CD-ROM, 2008.9
岡田裕, 河合浩志
“大規模三次元(疲労)き裂進展自動シミュレーションシステムの開発”, 日本機械学会, 2008年度年次大会講演論文集, Vol.1, No.08-1, pp.7-8, 2008.8
佐藤允俊, 田村善昭
“直角直交解適合格子法によるロケットノズル周りの流れ解析”, 第22回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2008.12.17-19
大嶺快仁, 富山潤, 伊良波繁雄, 松原仁, 神田康行
“MPS法によるビンガム塑性流体の流動解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基
“円孔付き2次元問題におけるき裂進展のニューラルネットワークによる評価”, 日本機械学会, M&M2008材料力学カンファレンス, 滋賀, 2008.9
畔上秀幸
“境界値問題が定義された領域の形状および位相最適化問題の正則化解法”, RIMS Workshop, 数値解析における理論・手法・応用講演論文集, pp.11-13, 2008.11.12
松原仁, 富山潤, 伊良波繁雄
“高精度有限要素法のための Patch by Patch 型静的縮合手法の開発”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
山城建樹, 伊良波繁雄, 富山潤, 松原仁
“コンクリート弾性係数のバラつきに関する数値解析的検討”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
木村隆, 松原仁, 山城建樹, 富山潤, 伊良波繁雄
“3次元Enriched Free Mesh Method の開発および性能評価”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
松原仁, 山城建樹, 富山潤, 伊良波繁雄
“Patch by Patch 型混合法とスムージング効果”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
室谷浩平, 矢川元基
“階層メッシュを用いた高速なアダプティブPH解析とその応用”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
神田康行, 岡田裕, 伊良波繁雄, 富山潤, 室谷浩平, 矢川元基
“回転自由度を有する四面体要素用の仮想き裂閉口積分法による混合モード破壊力学解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
黒川哲郎, 室谷浩平, 矢川元基
“クーロン的に生成された階層メッシュによるアダプティブ亀裂進展解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
岡田裕, 矢川元基
“「構造健全性評価用 次世代自動き裂進展解析システムの構築」プロジェクトの研究成果”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“節点処理型有限要素法によるき裂解析の精度向上に関する基礎検討”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基
“ニューラルネットワークを用いた円孔によるき裂進展阻止シミュレーション”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11
武富紳也, 松本龍介, 宮崎則幸
“α鉄における{112}<111>刃状転位射出応力拡大係数に及ぼす水素の影響の考察”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“原子モデルを用いた格子欠陥への水素とラップ状態に関する検討”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
陸茉莉花, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“原子モデルを用いた粒界特性と水素トラップ量の関係の検討”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
堀池弘一, 池田 徹, 松本龍介, 宮崎則幸
“混合モード荷重下も異種結晶材料接合端部の特異応力場と分子静力学を用いた転位発生限界に関する研究”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
井上義規, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“第一原理計算と原子間ポテンシャルを用いた応力特異点まわりの水素トラップエネルギー分布の評価”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
上田真広, 宍戸信之, 池田 徹, 宮崎則幸
“デジタル画像相関法を用いた接着剤層中のき裂先端ひずみ場測定”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
貫野敏史, 宍戸信之, 池田 徹, 宮崎則幸, 田中宏之, 畑尾卓也
“デジタル画像相関法を用いた熱サイクルをうける多層基板中のはんだバンプの非線形ひずみ計測”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
小金丸正明, 池田 徹, 小森正輝, 宮崎則幸, 友景 肇
“デバイス内部の応力分布を考慮したnMOSFETのDC特性変動でバイスシミュレーション”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
池田徹, 野村吉昭, 宮崎則幸
“熱応力下の三次元接合構造物中に存在する異方性異種材接合角部の応力拡大係数解析”, 日本機械学会, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
小竹広和, 高木知弘, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“Phase-field法を用いたステンレス鋼のマルテンサイト変態下での水素拡散解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
北村優太, 宮崎則幸, 真淵俊朗, 縄田輝彦
“フッ化マグネシウム単結晶アニール後の複屈折解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 那覇市, 2008.11
桑原達彦, 松本龍介, 宍戸信之, 池田 徹, 宮崎則幸
“AFM画像へのデジタル画像相関法の適用・面外変形を考慮した変位分布計測法の検討”, 第25回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム, 那覇市, 2008.10
中村有里, 青山大樹, 畔上秀幸
“音場構造連成系における放射音圧を最大化する構造の形状最適化”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11.2
長谷高明, 畔上秀幸
“サスペンション部品の疲労強度に関する形状最適化の検討”, 自動車技術会, 2008年秋季大会講演論文集, pp.15-18, 2008.10.22
下田昌利, 元良新太郎, 畔上秀幸
“ソリッド体の境界面問題に対する形状最適化(応力分布のコントロール)”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11.2
岩井孝広, 畔上秀幸
“大変形を考慮した接触する弾性体の形状同定”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11.3
岩田侑太朗, 畔上秀幸, 片峯英次
“Navier-Stokes 問題における形状最適化問題の数値解法”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11.2
梅村公博, 畔上秀幸
“リンク機構における形状最適化問題の定式化”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.11.2
小林陽介, 矢川元基
“並列Enriched Free Mesh Methodによる超大規模3次元構造解析”, 日本機械学会, 第21回計算力学講演会, 沖縄, 2008.11.3
小林陽介, 矢川元基
“領域分割法による並列Enriched Free Mesh Method”, 日本シミュレーション学会, 第27回日本シミュレーション学会大会, 滋賀, 2008.6.19
小林陽介, 矢川元基
“並列Enriched Free Mesh Methodによる3次元構造解析”, 日本機械学会, 関東支部ブロック合同講演会2008おやま, 栃木, 2008.9.19
下田昌利, 元良新太郎, 畔上秀幸
“圧力荷重下のソリッド体の形状最適化”, 日本機械学会, 2008年度年次大会講演論文集, pp. 191-192, 2008.8.3
新谷浩平, 畔上秀幸
“楽器の形状最適化に関する試み”, 日本応用数理学会, 2008年研究部会連合発表会, 首都大学東京南大沢キャンパス, 2008.3.8
中村有里, 新谷浩平, 青山大樹, 畔上秀幸
“楽器のための形状最適化問題”, 日本応用数理学会, 2008年度年会講演予稿集, pp.297-298, 2008.9.19
下田昌利, 岩佐恭平, 畔上秀幸
“シェル構造の形状設計のための最適化手法”, 日本機械学会, 第18回設計工学・システム部門講演会講演論文集, pp.1-4, 2008.9.25
岩田侑太朗, 畔上秀幸, 海津聰
“ストークス問題における形状勾配の誤差評価に関する数値例”, 日本応用数理学会, 2008年研究部会連合発表会, 首都大学東京南大沢キャンパス, 2008.3.8
畔上秀幸, 海津聰
“連続体の位相最適化問題に対する H1 勾配法”, 日本応用数理学会, 2008年度年会講演予稿集, pp. 301-302, 2008.9.19
島村真介, 須賀一博, 江澤良孝, 青木 繁
“ビリヤードにおけるキューと球の衝突特性評価 -球にスピンを与える場合-”, 日本機械学会, 関東支部ブロック合同講演会2008おやま, 小山, 2008.9
桑原達彦, 宍戸信之, 松本龍介, 池田 徹, 宮崎則幸
“AFM画像へのデジタル画像相関法の適用?面外変形の考慮と精度向上に関する検討”, 日本機械学会, M&M2008材料力学カンファレンス, 草津市, 2008.9
宍戸信之, 池田 徹, 宮崎則幸
“デジタル画像相関法を用いたレーザ顕微鏡観察による回路基板内部のひずみ分布計測”, 第18回マイクロエレクトロニクスシンポジウム, MES2008, 京都市, 2008.9
小金丸正明, 池田 徹, 小森正輝, 宮崎則幸, 友景 肇
“有限要素法応力解析とデバイスシミュレーションによる実装応力に起因したnMOSFETのDC特性変動評価”, 第18回マイクロエレクトロニクスシンポジウム, MES2008, 京都市, 2008.9
小林陽介, 矢川元基
“Enriched Free Mesh Methodと超大規模並列構造解析の親和性の検証”, 日本学術会議, 第57回理論応用力学講演会, 東京, 2008.6.11
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“フリーメッシュ法を用いた熱応力場におけるき裂進展シミュレーション”, 第27回日本シミュレーション学会大会, 滋賀, 2008.6.19-20
桑原達彦, 松本龍介, 宍戸信之, 池田 徹, 宮崎則幸
“AFM画像へのデジタル画像相関法の適用における計測誤差の分析”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
高宮広樹, 岡田裕, 酒井譲
“SPH法を用いた金属基複合材料の半溶融加工の解析”, 中国四国支部第46期総会講演会, 2008.3
小林陽介, 矢川元基
“Enriched Free Mesh Method による超大規模並列構造解析”, 日本機械学会, 関東支部第14期総会講演会, 東京, 2008.3.15
武富紳也, 松本龍介, 松本壮平, 宮崎則幸
“き裂先端まわりの水素分布と転位射出応力拡大係数に関する原子モデルによる検討”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
松本龍介, 宮崎則幸
“金属ガラス中の臨界せん断帯長さに関する検討”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
武富紳也, 松本龍介, 宮崎則幸
“原子モデルにもとづく刃状転位芯近傍水素トラップエネルギー解析”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
河合浩志, 岡田裕
“三次元破壊力学解析のための四面体メッシュ自動生成(任意複雑全体形状モデルへの拡張)”, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.1, pp.253-256, 2008.5
近藤俊平, 岡田裕
“時系列マルチスケール法による弾塑性材料の繰返し負荷問題の有限要素法解析”, 中国四国支部第46期総会講演会, 2008.3
八反田大介, 岡田裕
“重合メッシュ法プログラムの並列化に関する研究”, 中国四国支部第46期総会講演会, 2008.3
井上義規, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“第一原理計算による弾性ひずみが水素の溶解熱に及ぼす影響の評価”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
黒川哲郎, 室谷浩平, 矢川元基
“大規模高速な階層メッシュを用いたき裂進展解析のためのアダプティブ解析”, 第57回理論応用力学講演会, pp.379-380, 2008.6.10-12
室谷浩平, 矢川元基
“大規模高速な階層メッシュを用いた非圧縮性流体のアダプティブ解析”, 第57回理論応用力学講演会, pp.143-144, 2008.6.10-12
岡田裕, 河合浩志
“大規模三次元(疲労)き裂進展解析システムの開発”, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.1, pp.269-272, 2008.5
河合浩志, 岡田裕
“大規模三次元(疲労)き裂進展有限要素法解析システムの開発”, 日本材料学会, 第57期学術講演会講演論文集 pp.63-64, 2008.5
松本龍介, 井上義規, 武富紳也, 松本壮平, 宮崎則幸
“弾性ひずみによる水素トラップに関する検討(転位芯まわりとき裂先端での水素濃度分布)”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
安達元, 須賀一博, 早瀬正則, 青木繁
“流れ場における腐食のシミュレーション”, 日本材料学会, 東海支部, 2008.3.14
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基
“ニューラルネットワークによるき裂進展方向の予測”, 日本機械学会, 関東支部第14期総会講演会, 東京, 2008.3.15
尾崎弘明, 中林靖, 矢川元基
“ニューラルネットワークを用いた3点曲げ試験解析におけるき裂進展方向の評価”, 日本学術会議, 第57回理論応用力学講演会, 東京, 2008.6.11
田中智行, 岡田裕
“Bスプラインウェーブレットガラーキン法における基底関数の一次独立性を判定するための前処理”, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.1, pp.305-308, 2008.5
田中智行, 岡田裕, 岡澤重信, 藤久保昌彦
“Bスプラインウェーブレットガラーキン法を用いた破壊力学解析に関する研究”, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.1, pp.257-260, 2008.5
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“フリーメッシュ法による熱応力下におけるき裂解析”, 日本学術会議, 第57回理論応用力学講演会, 東京, 2008.6.10-12
中尾賢二, 岡澤重信, 野田重穂, 高木周, 岡田裕, 松澤照男, 熊畑清, 北脇知己, 川島康弘
“ボクセルデータと親和性のある固体-流体連成解析手法”, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.2, pp.613-616, 2008.5
長岡慎介, 矢川元基
“リメッシング機能を導入したEFMMによる破壊解析”, 日本学術会議, 第57回理論応用力学講演会, 東京, 2008.6.11
陸茉莉花, 松本龍介, 武富紳也, 宮崎則幸
“粒界特性が水素拡散挙動に与える影響の分子動力学解析”, 第13回分子動力学シンポジウム, 鹿児島市, 2008.5
黒川哲郎, 矢川元基
“Level of detailを用いた亀裂進展のアダプティブ解析”, 日本機械学会, 関東支部第14期総会講演会, 東京, 2008.3.15
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“節点処理型有限要素法の熱応力下におけるき裂問題への適用”, 日本材料学会, 第57期学術講演会, 鹿児島, 2008.5.23-25
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“フリーメッシュ法による熱応力場における応力拡大係数解析”, 日本計算工学会, 第13回計算工学講演会, 宮城, 2008.5.19-21
長岡慎介, 矢川元基
“高精度フリーメッシュ法の破壊力学への適用”, 日本機械学会, 関東支部第14期総会講演会, 東京, 2008.3.14
鈴木隼人, 江澤良孝, 矢川元基
“接触解析によるロータリキルンの強度検討”, 日本機械学会, 関東支部第14期総会講演会, 東京, 2008.3.14-15
宍戸信之, 池田徹, 宮崎則幸
“レーザ走査共焦点顕微鏡を用いたデジタル画像相関法によるひずみ分布計測”, 第14回エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術シンポジウム(Mate 2008), 横浜, 2008.2

前のページへ次のページへ

計算力学研究センター研究成果トップへ