MENUCLOSE

可視化検証

可視化による精度・妥当性検証

本研究の目標は,流体構造連成問題について,数値解析の精度検証を支援するための,画像による定量評価,定性評価の手法やシステムを開発し,本プロジェクトで開発される連成解析手法の評価に供することである。特に,バーチャルリアリティ(VR)技術を利用した3次元可視化システムを中心に3次元画像による可視化評価を中心に研究を進める。VR装置では,数値解析結果のみならず,実験結果の映像なども並べて,あるいは重ねて表示する等,可視化の特性を活かした検証方法を開発する。従来とは異なる多彩な可視化により,直感的・効果的な比較・検証を可能とし,開発される連成解析手法をより多面的に評価する。