MENUCLOSE

アジア文化研究所 概要

水上マーケットの野菜売り(インドネシア・南カリマンタン州)撮影:長津一史
水上マーケットの野菜売り
(インドネシア・南カリマンタン州)
撮影:長津一史

目的

アジア及び隣接する地域の文化に関する基礎的かつ総合的な研究及び調査を通じて、アジア地域の文化構造の学術的解明に貢献する。

理念

東洋大学アジア文化研究所は、1959(昭和34)年に、創設されたアジア・アフリカ研究所から始まる。その後、1962(昭和37)年に「アジア・アフリカ地域の文化の諸相について、基礎的かつ総合的な研究調査を行い、その成果を発表し、これらの地域との友好、親善をはかり、相互の繁栄に寄与することを目的」とした。
1963(昭和38)年には、東洋大学アジア・アフリカ文化研究所と改称し、研究所の礎となる体制を築き、1999(平成11)年には創立40周年を迎えた。2002(平成14)年には、本学の研究所改革に伴い、東洋大学アジア文化研究所と改めたが、当初の理念を引き継ぎアジア・アフリカ地域相互間の文化交流をはかり、今日では研究員50余名・客員研究員80名を擁するに至っている。
当研究所は、東アジアとりわけ中国・韓国をはじめ、東南アジアおよび西アジア各国を研究対象とし、本学におけるアジア研究の中核的な役割を担ってきた。この間、当研究所の研究成果の一端は、毎年発行する『研究年報』をはじめ、『研究叢刊』などとして公表している。

 

沿革

  • 1959年 東洋大学アジア・アフリカ研究所創設
  • 1963年 東洋大学アジア・アフリカ文化研究所に改称
  • 1986年 日本私学振興財団学術研究振興資金助成「韓国の近代化と伝統的価値観」(~1989年)
  • 1991年 日本私学振興財団学術研究振興資金助成「アジアの教育改革と課題―その理念と実際―」(~1994年)
  • 1997年 日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金助成「現代化と文化変容―アジア諸国に展開する国際的企業を中心に―」(~2000年)
  • 1999年 研究所創立40周年、記念講演会開催
  • 2002年 東洋大学アジア文化研究所に改称
  • 2002年 当研究所を母体とする研究プロジェクト「東アジア・東南アジア諸国にみる経済発展と都市化による伝統文化の変容―大都市・地方都市・農村の比較―」が、文部科学省「私立大学学術研究高度化推進事業」に係わる「学術フロンティア推進拠点」による共同研究に採択(~2007年)
  • 2007年 「学術フロンティア」の3年間の延長が認可(~2010年)
  • 2009年 研究所創立50周年
  • 組織概要