MENUCLOSE

センター長メッセージ

「産官学連携の核となる教育を目指して」

東洋大学は工学部(現・理工学部、2009年4月に工学部から再編)の開設当初より「産学協同」を掲げ、ものづくり現場と教育研究をつなぐ役割を担ってきました。

2006年度には、経済産業省「産学連携製造中核人材育成事業」に参加、また2008年度は同省の「中小企業高度人材確保のための長期企業内実務研修制度整備委託事業」、2009年度からは「産業技術人材育成支援事業」「ものづくり分野の人材育成確保事業」の採択を受け、地域産業界とともに、ものづくり現場での人材育成についての仕組みづくりを行ってきました。こうした取り組みを基盤に、2009年4月に、地元企業ならびに地方公共団体、公的機関等が協力して設立したのが、「東洋大学 産学協同教育センター」です。

当センターは、埼玉地区の地元企業や学生を対象とした人材育成事業ならびに人材育成の教育プログラムの開発を目的とし、地域内の中小企業の技術者・経営者のための講座を開講や、学生のための企業へのインターンシップを含めた実践的教育プログラムなどで、地域産業に根ざした技術教育や人材育成を促進してきました。

現在、当センターの役割は、

• 理工学部と総合情報学部のセンターとしての産学連携教育の窓口、

・ 学生と企業との出会いの場提供(長期インターンシップなど)、

•  企業人の再教育(メカトロ、情報、加工、ものづくりリーダーなど)、

•  教員と企業との出会いの場提供、

•   国の事業や埼玉県などの補助金の受託、

であります。以上のような役割を担いながら、当センターにおける教育のあり方を検討し、大学内外の産官学連携の核となるべく質の高い一歩先の教育提供を目指して日々進化するべく努力してまいりますので、皆さまのご支援よろしくお願いいたします。