赤羽台キャンパスの教育・研究環境を拡充

2017年4月に開設した赤羽台キャンパス(東京都北区)では現在、情報連携学部・情報連携学研究科の学生が学んでいます。2021年に予定されている、ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究科(現・埼玉県朝霞キャンパス)の移転、さらには構想中の2学部5学科の2023年度開設により、赤羽台キャンパスの教育・研究環境を大きく拡充。「人生100年時代」を見据え、地域との連携、既設学部等との協働により、社会課題の解決・明るい未来の創造に努めていきます。

MOVIE

FUTURE VISION

2021年4月。東洋大学の赤羽台キャンパスが次のステージに。
新校舎が竣工。教育・研究環境を大きく拡充します。

建築設計を行った隈研吾氏のインタビューを中心に、
赤羽台キャンパスの新校舎についてまとめた映像を公開しました。

 

赤羽台キャンパスの変遷

赤羽台キャンパスの整備計画

2021年竣工の新校舎(B地区)

ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究科の移転に向けて現在建設中の地下1階・地上9階建ての新校舎は、新国立競技場などを手掛ける隈研吾建築都市設計事務所が建築設計を担当しています。各種実験・制作工房や介護・調理等実習室を設置し、より実践的な教育・研究を推進します。

2022年竣工の国際学生寮(D地区)

2022年4月に、D地区に国際学生寮が完成予定です。300人程度を受け入 れ可能で、そのうち半数が外国人留学生となる予定です。

2023年竣工の新校舎(C地区)

C地区には、2023年4月に新校舎・図書館・体育館が完成予定です。こち らも隈研吾氏の設計で、キャンパス全体に一体感を演出。B地区とはガラス 張りのブリッジでつながります。また、体育館は躍動感を演出し、サステナ ビリティに配慮した「木屋根架構」を採用しています。
新校舎完成予想図

建築家・隈研吾氏の設計による新校舎完成予想図
(2021年竣工予定)

地図:ライフデザイン学部等校舎建設予定地

赤羽台キャンパス新校舎等建設予定地

学部・学科の再編について

2021年4月

ライフデザイン学部等を移転

朝霞キャンパスから赤羽台キャンパスへ移転
  • ・ライフデザイン学部(入学定員:556名)
  • ・ライフデザイン学研究科(同:修士・博士前期課程30名 博士後期課程9名)

社会学部 国際社会学科を開設※1

社会・文化・地域に関する専門知識に基づいて、多文化共生と多様性の推進・ 活用(ダイバーシティ・マネジメント)を実践的に担うことのできる「地球 市民(グローバル・シティズン)」を育成します。
  • ・社会学部 国際社会学科(入学定員:150名)
2021年予定表

ライフデザイン学部等を移転

社会学部 国際社会学科を開設

2021年予定表
2023年4月

赤羽台キャンパスに新たな2学部5学科の開設を構想

ソフト、ハードの両面から「福祉」「スポーツ科学」と向き合う一大拠点とし て、少子高齢化や健康問題といった社会課題の解決に努めていきます。
  • ・福祉社会デザイン学部
    社会福祉学科(仮称・入学定員 : 216名)※3
    子ども支援学科(仮称・入学定員:100名)※3
    人間環境デザイン学科(仮称・入学定員:160名)※3
  • ・健康スポーツ科学部
    健康スポーツ科学科(仮称・入学定員:230名)※4
    先端栄養科学科(仮称・入学定員:100名)※4
2023年予定表

赤羽台キャンパスに新たな2学部5学科の開設を構想

福祉・スポーツ科学の一大拠点に

2023年予定表
2024年4月

生命科学部・食環境科学部等を移転

キャンパスが分散している生命分野に関する学部・学科の統合や連携強 化等を目的にキャンパスの再編を計画しています。
板倉キャンパスから朝霞キャンパスへ移転
  • ・生命科学部
    生命科学科(入学定員 113名)
    応用生物科学科(同 113名)
  • ・食環境科学部
    食環境科学科 フードサイエンス専攻(同 70名)
    健康栄養学科(同 100名)
  • ・生命科学研究科(同 博士前期課程 20名 博士後期課程 4名)
  • ・食環境科学研究科(同 博士前期課程 10名 博士後期課程 2名)
川越キャンパスから朝霞キャンパスへ移転
  • ・理工学部 生体医工学科(同 113名)
  • ・理工学研究科 生体医工学専攻(同 博士前期課程 18名 博士後期課程 3名)
板倉キャンパスから赤羽台キャンパスへ移転
  • ・食環境科学部 食環境科学科 スポーツ・食品機能専攻(同 50名)
また、同年に生命科学部 生物資源学科/生体医工学科(いずれも仮称・入 学定員113名※5)、食環境科学部フードデータサイエンス学科(仮称・入学 定員113名※6)の開設を構想しています。
2024年予定表

生命科学部・食環境科学部等を移転

2024年予定表
  • ※1 開設にともない社会学部 社会文化システム学科は2021年度に募集を停止します。
  • ※2 社会学部 第2部社会福祉学科(イブニングコース)は2021年度に募集を停止します。
  • ※3 2020年6月現在設置構想中。学部・学科名称は仮称であり、計画内容は変更となる可能性があります。
    開設にともない社会学部 社会福祉学科/ライフデザイン学部 生活支援学科 生活支援学専攻、子ども支援学専攻/ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科は2023年度に募集を停止します。
  • ※4 2020年6月現在設置構想中。学部・学科名称は仮称であり、計画内容は変更となる可能性があります。
    開設にともないライフデザイン学部 健康スポーツ学科/食環境科学部 食環境科学科 スポーツ・食品機能専攻は2023年度に募集を停止します。
  • ※5 2020年6月現在設置構想中。学部・学科名称は仮称であり、計画内容は変更となる可能性があります。
    開設にともない理工学部 生体医工学科/生命科学部 応用生物科学科は2024年度に募集を停止します。
  • ※6 2020年6月現在設置構想中。学部・学科名称は仮称であり、計画内容は変更となる可能性があります。

中期計画
TOYO GRAND DESIGN
2020-2024

創立者・井上円了の理念“他者のために自己を磨く”に基づき「地球社会の明るい未来を拓く」を目標とする「TOYO GRAND DESIGN 2020-2024」では、「研究」「教育」「社会貢献・社会連携」と、それらを実現するための「新規事業」「ガバナンス・マネジメント」の5つの領域で今後の方針を策定しました。
各領域の目的を、研究は「新しい価値を創造し明るい未来を描く」、教育は「明るい未来を担う人材を育てる」、社会貢献・社会連携は「より多くの人に明るい未来を」と設定。それぞれが円了の理念である“主体的に社会の課題に取り組む”、“自分の哲学を持つ”、“活動の中で奮闘する”を踏まえたものです。これらを実現する「新規事業」「ガバナンス・マネジメント」によって、明るい未来の実現に貢献していくことを目指します。

中期計画
開設校舎イメージ
パース図提供:東洋大学赤羽台キャンパス設計管理共同企業体(隈研吾建築都市設計事務所・日本設計・戸田建設)

関連リンク