1. 東洋大学TOP
  2. Pick Up
  3. 社会連携
  4. 社会貢献センター
  5. 2018秋スタディツアー第二弾「中高生の秘密基地b-lab(ビーラボ)見学ツアー」2018秋 スタディツアー<国際理解コース>「オリパラ前に、内なる国際化を実感しよう!~多文化のまち・大久保を歩く」実施報告
MENUCLOSE

社会貢献センター

2018秋スタディツアー第二弾「中高生の秘密基地b-lab(ビーラボ)見学ツアー」2018秋 スタディツアー<国際理解コース>「オリパラ前に、内なる国際化を実感しよう!~多文化のまち・大久保を歩く」実施報告

ボランティア・社会体験スタディツアー  <2018秋 第二弾> 
「中高生の秘密基地b-lab(ビーラボ)見学ツアー」 実施報告

11月10日(土)13時00分~16時15分「フィールドワーク~地域と連携する地域課題への取り組み(2)」と題する井上円了リーダー哲学塾フィールドワークとの合同開催にて社会貢献スタディツアー2018秋期第二弾「中高生の秘密基地b-lab(ビーラボ)見学ツアー」を実施しました。

「中高生の秘密基地b-lab(ビーラボ)見学ツアー」

 b-labとは2015年4月に文京区が中高生が自主的な活動を通じて自らの可能性を広げ、社会性を身につけた自立した大人へ成長を目指すために設置した施設です。

開所1年で利用者数が2万人を超えている施設を訪れ、2部構成のプログラムに参加しました。第1部ではb-lab館長の白田氏からb-labの概要説明を受けた後、b-lab学生スタッフ3名(内一名は昨年度の井上円了リーダー哲学塾修了生の大関 佑介さん)の案内により二班に分かれ施設内の見学を行い各施設ごとの説明を受けました。

第2部では白田館長司会のもと4グループに分かれ「ユースワークの必要性」、「大学生ができる中高生支援とは?」、「中高生世代の居場所に必要な条件は?」についてグループワーク

を行い各グループごとに意見を取りまとめ発表を行いその後、利用者(高校生)をゲストに迎えb-lab学生スタッフ3名と白田氏を交え座談会形式で利用者の声を聞きながらb-lab

についての存在意義等について本学学生を交えながら対談しました。

当日の様子

   

以上