1. ホーム
  2. ニュース
  3. TOP
  4. 平成30年度 東洋大学 学位記授与式・卒業式を挙行
MENUCLOSE

平成30年度 東洋大学 学位記授与式・卒業式を挙行

 2019(平成31)年3月23日(土)午前10時より、日本武道館で「平成30年度 東洋大学 学位記授与式・卒業式」を挙行しました。

この日、卒業・修了を迎えたのは学部(第1部・第2部)6,622名、大学院260名(博士後期課程11名、博士前期・修士課程249名)、通信教育部30名の計6,912名です。

式典は、本学卒業生で現在、TBSアナウンサーとして活躍されている小笠原亘氏が進行。大学歌斉唱、大学院学位記授与、学部卒業証書・学位記授与に続き、竹村牧男学長が式辞、福川伸次総長、安齋隆理事長が祝辞を述べました。また、在学生代表送辞を齊藤歩未さん(経営学部マーケティング学科4年)、卒業生代表答辞を土田修平さん(法学部第2部法律学科)がそれぞれ務めました。

卒業式当日は、学術文化活動および体育活動等において顕著な業績を挙げ、本学の発展に貢献した学生に贈られる「学長賞」の表彰式も行われ、平成30年度東都大学野球春季リーグ戦において最高殊勲選手・最優秀投手・ベストナイン(投手)を受賞し、今春よりプロ野球界入りした硬式野球部の上茶谷大河さん(法学部法律学科)など、全28名が表彰されました。

また、スポーツ振興および本学の名声を高めた体育部所属の優秀な選手に贈られる「創立125周年記念スポーツ報奨金」の授与式では2018年平昌五輪でアルペン女子回転に出場し、全日本スキー選手権 大回転 1位の成績を収めた、スキー部の安藤麻さん(法学部企業法学科)ら全57名が表彰されました。

さらに「Toyo Global Leader Program GOLD」の表彰も行われ、24名の受賞者を代表して、渡邉仁美さん(国際地域学部国際観光学科)に賞状が授与されました。このGOLDの称号は、海外留学や語学スコアの取得などTGLプログラムの7つの要件をクリアし、卒業後も世界を舞台にグローバル人財としての活躍が見込まれる学生に贈られるもので、会場には受賞者を称える、あたたかい拍手が響きました。

卒業生たちは、東洋大学でのキャンパスライフなど多くの思い出を友人らと語り合い、新しい生活に向けての一歩を踏み出しました。