1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 研究
  4. 研究所・センター
  5. 東洋学研究所
  6. 大型研究「日本文化の背景となる仏教文化の研究」公開シンポジウム
MENUCLOSE

大型研究「日本文化の背景となる仏教文化の研究」公開シンポジウム

東洋大学東洋学研究所 大型研究
「日本文化の背景となる仏教文化の研究」公開シンポジウム

 

日時: 平成31年1月12日(土)13:00~16:10

場所: 東洋大学白山キャンパス8号館地下1階 8B11教室  

ご挨拶:

 東洋学研究所では、研究所長を研究代表者とする、井上円了記念研究助成「大型研究特別支援助成」による研究(通称「大型研究」)「日本文化の背景となる仏教文化の研究」が平成29年度より2年間の計画で行われてきた。平成30年度が最終年度であり、来年の3月をもって2年間の研究ミッションを終えることになる。今回のシンポジウムは2年間の研究の総括として、本研究を構成する各ユニットの研究者による発表と討論を行い、その研究成果を世に問うものである。

 

プログラム:

開会の辞
第1部:パネリストによる発表(13:40-15:10)
①「日本の山岳信仰の独自性―立山信仰をめぐって―」
        第1ユニット 渡辺章悟(東洋思想文化学科教授)
②「日本の詩歌と釈教―芭蕉連句を軸にして―」
        第2ユニット 谷地快一(日本文学文化学科教授)
③「島地黙雷、生田得能共著『三国仏教史』の中国語、韓国語への翻訳
  ―近代日本仏教が東アジア仏教に与えた影響の一例―」
        第3ユニット 佐藤 厚(専修大学特任教授)


休憩(15:10~15:25)

第2部:パネリストによる討論・参加者からの質疑応答(15:25~16:00)
閉会の辞

 *シンポジウム終了後、研究交流会(懇親会)を4号館1階(ステラ)にて行います。

*定員100名 入場無料・予約不要 皆様のご参会をお待ち申しあげます。

 

A4ご案内2019年1月12日公開シンポジウム[pdf]

 

問い合わせ先:東洋大学東洋学研究所

郵便番号112-8606 東京都文京区白山5-28-20

電話/ファクス 03-3945-7483

E-mail: toyogaku@toyo.jp

HP: https://www.toyo.ac.jp/research/labo-center/toyogaku

 

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)