1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 研究
  4. 研究所・センター
  5. 計算力学研究センター
  6. 計算力学研究センター主催「第14回計算力学シンポジウム」を開催します
MENUCLOSE

計算力学研究センター主催「第14回計算力学シンポジウム」を開催します

東洋大学計算力学研究センターでは、「第14回計算力学シンポジウム」を2019年3月2日(土)に開催いたします。

参加は無料ですが、事前に人数を把握したいため、参加をご希望の場合は nakabayashi@toyo.jp(東洋大学・中林)宛にご連絡ください。

詳細については下記をご参照ください。

「第14回計算力学シンポジウム」

日時:2019年3月2日(土)
場所:東洋大学・白山キャンパス・2号館16階スカイホール

13:00 開会挨拶
田村善昭(東洋大学・計算力学研究センター長)

【CCMRセッション】
13:10-13:50
<①連成解析グループ>
松原 仁(琉球大学)「微生物鉱化現象の数理モデル化とシミュレーション」
田村 善昭(東洋大学)「ノズルを用いたマイクロバブル発生機構の解明」

13:50-14:30
<②AI解析グループ>
増田 正人(東京大学)「機械学習を用いた数値解析結果予測」
中林 靖(東洋大学)「AI技術を用いたアプリ開発」

14:30-14:40 休憩

【共同研究セッション】
14:40-15:20
<「知」の集積と活用の場プロジェクト>
伯野 史彦(東京大学)「アミノ酸の代謝制御シグナルを利用した高品質食肉の研究開発」
鄭 宏杰(東洋大学)「AI技術を用いた血液中アミノ酸量が動物の成長に及ぼす影響に関する研究」

15:20-15:40
<原子力科学技術プロジェクト>
高橋 昭如(東京理科大学)「構造健全性評価の信頼性向上に向けた計算科学基盤の構築と破壊挙動の解明」

15:40-16:00
<東京電力との共同研究>
藤井 秀樹(東京大学)「マルチエージェントモデルに基づく世帯動態と電力需要の予測」

16:00  閉会挨拶
矢川元基(東京大学名誉教授・東洋大学名誉教授)

【椿光太郎先生最終講義】
16:30-17:30
椿光太郎(東洋大学)「41年間の研究生活を振り返って ―半導体から情報科学まで-」

18:00-20:00 懇親会(2号館16階スカイホール)

シンポジウムポスターのダウンロードはこちら:【東洋大学計算力学研究センター】第14回計算力学シンポジウム