1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 国際交流
  4. 第2回日本語プレゼンテーションコンテストを開催します!
MENUCLOSE

第2回日本語プレゼンテーションコンテストを開催します!

Toyo University Japanese Presentation Contest 2019
第2回日本語プレゼンテーションコンテスト
開催のお知らせ

第2回日本語プレゼンテーションコンテストを開催します!!!

日時:2019年12月14日(土)10:00~13:00
※17:00~18:00でレセプションを実施します。
※14:00~16:00で英語プレゼンテーションコンテストを開催します。あわせてご観覧ください。(詳細はこちら
会場:東洋大学白山キャンパス8号館7階125記念ホール

  
テーマ:『Beyond 2020』
2020年開催のオリンピック後の日本

共通のテーマについて、下記のサブタイトルから1つ選んで発表。
発表では個人の専門知識や調査で得られた結果を踏まえて、独創的かつ具体的な提言を行う。

サブタイトル

①オリンピック後の日本のあるべき姿
東京オリンピックがもたらすインパクトや恩恵を受けて、日本社会はどのように変わるべきでしょうか。オリンピックによる効果や影響をふまえて考えてください。
②私が日本から世界に発信したいこと
2019年現在、日本社会で生活する留学生の立場から、2020年の以降の日本社会のあり方について、具体的なデータをもとに独創性のある提言を行ってください。
③今、取り組むべき世界的な課題と解決策
2020年以降の持続可能世界を考えるために、私たちが今取り組むべき課題とその解決策について、あなた自身の専門や興味関心から調査を行い、その結果をふまえた提言を
行ってください。
④哲学から考える世界の新たな可能性
東洋大学が掲げる教育理念の1つに、自己の哲学をもつ人財育成があります。
2020年以降の世界を創造するために必要なものの考え方について、自分自身の専門知識や研究成果をふまえた哲学的観点から発表してください。
⑤その他(自身の専門を生かして自由に設定してください。)


選考・評価

①時間:発表時間:6分、質疑応答4分
②発表:パワーポイントなどスライド利用可
③評価項目:基準に則り評価する
内容(40%)・構成(15%)・口頭発表力(20%)・説得力(15%)・質疑応答(10%)
④予備選考:エントリーが10組以上の場合は参加申込み時にアプロードした1分間の動画で予備選考を行う

参加資格

①2~3名のグループで応募
②日本語を母国語としない学部生、大学院生、および交換留学生


表彰

・1位~3位
・観客賞
・特別審査員賞
※予告なく変更となる場合があります。

募集ポスターはコチラ

※募集期間を10月31日まで延長しています。

応募はコチラ

※上記の応募フォームには@toyo.jpのアドレスでログインする必要があります。
ログインできない場合は一度すべてのGoogleアカウントからログアウトし、@toyo.jpのメールアドレスでログインしなおしてください。

主催:東洋大学国際教育センター(白山キャンパス8号館1階)
協賛:多数(後日公表)
Email: ml_lc_global@toyo.jp