1. ホーム
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 東洋大学スポーツ
  5. 東洋大学スポーツ
  6. 相撲部・重松龍大選手が全日本相撲選手権で準優勝
MENUCLOSE

相撲部・重松龍大選手が全日本相撲選手権で準優勝

相撲部・重松龍大選手が全日本相撲選手権で準優勝

2018(平成30)年12月2日、第67回天皇杯全日本相撲選手権大会が両国国技館で開催され、本学相撲部の重松龍大選手(法学部企業法学科3年)が準優勝に輝きました。アマチュア相撲日本一を決める本大会に、10名もの相撲部の選手および2名の本学職員が出場し、アマチュア横綱の座を賭けた戦いを繰り広げました。

■準優勝
重松龍大(法学部3年)

■ベスト8
白石雅仁(法学部4年)

■ベスト16
中嶋亮介(法学部4年)
干場伸介(法学部1年)

■ベスト32
西野倫理(法学部4年)
城山聖羅(法学部3年)
芳賀翔真(東洋大学職員)

■決勝トーナメント
深井拓斗(法学部3年)

■予選リーグ
久保正博(法学部4年)
北川甫(法学部4年)
羽出山将(法学部1年)
中出雄真(東洋大学職員)

関連リンク