1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 社会学部
  6. 社会文化システム学科
  7. 2020年1月17日(金) 2019年度社会文化体験演習シンポジウム―現場で育む<しなやかな知>―
MENUCLOSE

2020年1月17日(金) 2019年度社会文化体験演習シンポジウム―現場で育む<しなやかな知>―

社会学部社会文化システム学科主催 2019年度社会文化体験演習シンポジウム

現場で育む<しなやかな知>―グローバル化のなかの体験学習の試み

東洋大学社会学部社会文化システム学科では、「グローバルな視野をもって地域社会に貢献する人材の育成」を教育目標に掲げ、2010年度より「体験型教育プログラムによる地域連携の推進」プロジェクトを実施してきました。

同プロジェクトは、2013年度から正規カリキュラムのなかに導入され、「社会文化体験演習」が開講されました。現在、この社会文化体験演習には2つの分野があります。受講生はそれぞれの分野でチームを組んで、国内外の諸地域や諸団体に積極的に出かけ、現地の人びとと関わるなかで、自主的に考え行動する実践力を身につけてきました。

本シンポシウムでは、受講生にこうした活動の成果を発表してもらうと同時に、高等教育機関において実施される「体験型教育プログラム」の意義についても考えます。

※入場無料、どなたでも参加できます。TGポイント対象(1pt)

日時: 2020年1月17日(金) 13時00分~16時30分

会場: 東洋大学白山キャンパス1号館 1401教室

主催: 東洋大学社会学部社会文化システム学科

お問い合わせ先: 社会文化システム学科 学科長 長津一史( nagatsu@toyo.jp

※この講演会は、東洋大学社会学部社会文化システム学科の社会文化体験演習教育プロジェクトの活動の一環であり、東洋大学教育活動改革支援費によりおこなわれます。

2019年度社会文化体験演習シンポジウム案内チラシ[PDFファイル/577KB]

 

acrobat reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)