1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 情報連携学部
  6. 石川知一准教授が国際学会CGMIP 2019において最優秀論文賞を受賞しました
MENUCLOSE

石川知一准教授が国際学会CGMIP 2019において最優秀論文賞を受賞しました

情報連携学部の石川知一准教授らが執筆した論文「Procedural Animation of Aurora and Its Optimization for Keyframe Animation」が、CGMIP 20192019 International Symposium on Computer Graphics, Multimedia and Image Processing)(2019729日~31日・ローマ)において、Best Paper Awardを受賞いたしました。

この学会は4つの学会(CGMIP 2019, CSECI 2019, ICBICC 2019, ICSFrontiers 2019)の合同開催というシンポジウム形式で開催され、コンピュータグラフィックスとマルチメディア、画像処理だけでなく、ソフトウェア、ビックデータ、IoT、情報セキュリティなど多岐にわたるテーマについて、14件の発表がありました。Best Paper Awardはこの14件の発表のうち最も良い発表1件にのみ与えられる賞です。

本研究は、コンピュータグラフィックスの研究で、オーロラのキーフレームアニメーションを制作するための方法を提案したものです。いくつかの仮定を置くことで、写真などの画像からオーロラの空間分布を求め、キーフレームアニメーション生成のためのシミュレーションの初期パラメータを遺伝的アルゴリズムによって求めています。今回提案した最適化とパラメータ探索の方法については、今後、別のアニメーション事例への応用が期待されるものです。

 ■石川准教授のコメント
この研究は東京理科大学との共同研究になります。手法や現時点での結果について評価して頂きましたが、実用性についてはまだ満足していませんので、今回の会議のコメントを受け、さらに改良していきたいと思います。