MENUCLOSE

UMAP25周年記念シンポジウムを開催

UMAP25周年記念シンポジウムを開催しました

●日時 2016年9月23日(金)9時30分~20時

●会場 東洋大学 白山キャンパス 8号館7階125記念ホール

会場の様子

UMAP(アジア太平洋大学交流機構)の発足25周年を記念し、「アジア太平洋地域の教育交流とUMAPの役割」と題するシンポジウム開催しました。

各国のUMAP加盟大学や教育行政従事者など、国内外の高等教育関係者約200名が参加され、基調講演やUMAP留学経験学生による発表などを通して、留学がもたらすメリットや課題について議論が行われました。

学生発表の様子

パネルディスカッションでは、カンボジア、日本、マレーシア、メキシコ、フィリピンの政府代表者が各々の国の中長期的な高等教育政策についてプレゼンテーションをし、最新事例の紹介がされました。

最後に、アジア太平洋地域においてUMAPがどのような役割を担うことができるのか、その役割と将来像についてUMAP加盟国/地域の代表者によるプレゼンテーションが行われ、今後はUMAPが質の高い国際的な教育交流を促進することの課題が提唱されました。

筝曲研究会の演奏と体験会

シンポジウムの後には、東洋大学スカイホールにてレセプションを行い、各国からの参加者同士が懇親を深めました。

イベントの詳細は、こちらよりご覧いただけます。

※UMAP(アジア太平洋大学交流機構)とは:

 UMAPはアジア太平洋地域における高等教育機関間の学生・教職員の交流促進を目的とした団体です。現在では世界約23か国、570大学が参加しています。2016年1月から2020年末までの5年間、本学がUMAPの国際事務局を務めています。

  UMAPの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。

お問い合せ

UMAP国際事務局

TEL: 03-3945-7190
Email:umap-is@umap.org