MENUCLOSE

これから在留資格を申請する人[新規]

(1)「短期滞在」の在留資格を有している場合

「短期滞在」の在留資格では、大学に在籍することができません。入学前に「留学」の在留資格を取得する必要がありますので、「(2)日本の在留資格を有していない場合」と同じ手続きを行ってください。

 :


(2)日本の在留資格を有していない場合(日本に居住していない者)

日本での在留資格を有していない方は、所定の入学手続が完了次第、入国管理局に対し東洋大学が「在留資格認定証明書交付」の代理申請を行います。下記の提出書類を入学手続締切日(日本時間)までにToyoNet-ACEに提出してください。
入国管理局による審査の後、「在留資格認定証明書」が交付されます。その後、東洋大学から本人に「在留資格認定証明書」を送付しますので、「在留資格認定証明書」受領後、ただちに自国或いは居住地の在外日本公館にてビザ(査証)の発行手続きを行ってください。
※日本国内で「短期滞在」ビザから「留学」ビザに切り替えることは原則できません。必ず自国或いは居住地の在外日本公館よりビザ(査証)の発給を受けてから来日してください。
※在留資格認定証明書については法務省が、ビザ取得については外務省がそれぞれ審査を行います。不許可となった場合については、大学は一切責任を負いません。

提出期限

入学手続締切日(日本時間)

提出書類

 ①在留資格認定証明書代理申請依頼書

  【様式(日本語)様式(英語)

 ②在留資格認定証明書交付申請書

  【様式(日本語・英語)】【サンプル
        ※申請人用1~3を記入。
        ※写真は貼付しない。

 ③経費支弁能力証明書

       <東洋トップグローバル奨学金A/Bを受給する場合>

               ※書類の提出は不要です

       <本人が在留中の経費を負担する場合>*本国からの送金を受けている場合も含む

               ・本人名義の通帳の名義のわかるページと最新の残高が分かるページの写し
               ・海外より仕送りがある場合は「送金通知書」または送金の事実が分かる通帳の写し
               ・奨学金受給証明書

        <本人以外が在留中の経費を負担する場合>

               ・経費支弁者の「源泉徴収票」もしくは「住民課税証明書」

 ④パスポートのコピー

 ⑤写真(カラー・光沢・縦4cm×横3cm)1枚

 ⑥日本国内にある日本語学校もしくは高等教育機関の在籍証明書および出席・成績証明書
※過去に留学ビザで日本に滞在したことがある場合は必須
※高等教育機関の例:大学、大学院、専修学校、高専等

提出方法

ToyoNet-ACEで書類を提出してください。

【渡日前入試で合格された方】
「ユーザID」・「パスワード」は、合格通知書に記載されている「個人ID」・「パスワード」を入力してください。

【それ以外の入試方式で合格された方】
ToyoNet-ACEのアカウント登録行いますので、必ず件名に「ToyoNet-ACE登録希望(受験番号・氏名)」を入れて、国際教育センター(mlies@toyo.jp)にメールを送ってください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)