MENUCLOSE

ランゲージセンター CW

コンファレンスライティング(Conference Writing)

コンファレンスライティング(CW)とは2週間に一度、決められたスケジュールで受講する1回40分×6回のライティング個別指導プログラムです。全部で6つのModule(モジュール)があり、1学期に1つのModuleを学習する継続型プログラムです。最終的に論文を英文で作成できるレベルのライティング力の習得を目指します。
ライティング指導専門の講師がカリキュラムに沿って、英語論文を書くための英文基礎知識とライティングスキルを指導、特に長期留学や卒業論文を英語で書くことを目指す学生におすすめです。 

コンファレンス・ライティングはModule1からスタートし、全てのModuleを学習すると3年間で終了するプログラム。通常はModule1からスタートしますが、申込時のライティングテストの結果、学生の語学力や学習経験、学習目的に応じてModuleが決定します。 

 

【6 Modules】(例)

Module 1(春学期): 文法的にしっかりしたセンテンスが書けるようになる。

トピックセンテンスとサポーティングセンテンスの概念を理解し、

トピックに関する複数の文をまとめて書く習慣がつく。

Module 2(秋学期): パラグラフ構成を理解し、比較的簡単な構成のパラグラフが書けるようになる。
Module 3(春学期): より複雑な構成のパラグラフが書けるようになる。
Module 4(秋学期): エッセイの構成を理解し、比較的短い構成のエッセイが書けるようになる。
Module 5(春学期): より長く、複雑な講師のエッセイが書けるようになる。
Module 6(秋学期): 論文形式(APA、MLA等)を理解し、それに従って論文が書けるようになる。


※詳細および最新情報はToyoNet-ACEをご確認ください。