(高校2年)2019年度「東北・東京修学旅行」2日目|職業体験研修、班別自主研修、復興住宅でのボランティア他

2019年6月12日(水)

ユニセフ ボランティアの様子

 2019年度(令和元年度)第2学年56回生修学旅行を、6月11日(火)〜6月14日(金)までの期間で実施しています。震災学習や班別自主研修を取り入れ、被災地や企業を訪問し、本校のモットーである「考えるを、学ぶ。」を実践することを目的としています。スーパー特進・特進コース(C班)は東北・東京に、総合進学・体育コース(A班・B班)は東京へ行きます。  

 以下はその様子です。

修学旅行2日目


A・B班:運動部員早朝練習

早朝練習の様子 早朝練習の様子

運動部員は起床時間より早く起きて、ホテル周辺で身体を動かしました。朝食はバイキング形式で、料理を美味しくいただきました。

A班:水上バスでお台場へ移動しお台場班別自主研修

お台場

 バスでホテルを出発し、浅草にある船乗り場に向かいました。その後、水上バスに乗りお台場に到着。自由の女神像前でクラスごとに写真撮影を行った後、お昼まで周辺地域を自由に散策しました。 昼食は、シズラーにてバイキング形式で頂き、お腹を満たし職業体験研修に備えました。

B班:浅草寺班別自主研修、東京スカイツリー

スカイツリ- 浅草寺

浅草班別自主研修 浅草班別自主研修

昼食

 ホテルからスカイツリーへ移動し、展望デッキ見学や買い物を楽しみました。地上451.2mからの眺めに大興奮の様子でした。昼食は浅草へ移動し雷門すぐ横の「三定」で天ぷらをいただきました。大きなエビやお魚の天ぷらに大満足の様子でした。その後浅草班別自主研修を行い、職業体験研修に向かいました。

A班、B班:職業体験研修

ユニセフ 

先端技術館 プログラミング体験

ジャイカ キャノン 

 職業体験研修では、訪問先への道順を各自で調べ、NHKスタジオパーク、日本科学未来館、ユニセフ、パナソニック、アセアンセンター、キャノン等を訪問しました。各班、普段学校でできないことを体験したり、実社会で活躍されている方々の話を伺うことで、働くことの意義や将来の目標に対して考える大変貴重な機会となりました。働くということをより身近に感じることができたようです。

A班、B班:バイキング形式の夕食(ビュッフェマナー)

シズラ- 夕食の様子

夕食は、ビュッフェマナーを学んだ後、バイキング形式の料理を楽しみました。明日は、東京ディズニーリゾートにて研修となります。1日目・2日目と同様に、最高の思い出を作ってきます。

C班

南三陸町での献花

モアイ像 復興商店街

旧防災庁舎

 朝から曇りです。昨日の寒さに比べると少しほっとしています。朝早くに旧南三陸町防災対策庁舎を見学しました。献花、黙祷の後、1960年のチリ大津波をきっかけに南三陸町に送られたモアイ像を見学しました。その後、石巻市のボランティア会場へ移動しました。

石巻市の復興住宅でのボランティア活動

住民との交流 交流

ボランティアの様子 ボランティアの様子

ボランティアの様子

 1組は2班に分かれ、石巻市営湊町復興住宅集会所と石巻市総合福祉会館会議室にて、現地の老人会の方々各14,5名とゲームやクイズ、寄せ書き等を行い、交流を深めました。2組は石巻市営新西前沼第三復興住宅団地会を訪問、全員で合唱曲を数曲披露したりして交流を行いました。前日、夜の11時前まで練習した成果が出せたようです。どの班も老人会の方々から現地の郷土料理をご馳走になる等、あっという間の1時間半でした。昨日の大川小学校の語り部さんからいただいた元気、今日の老人会の方々の笑顔と前向きな姿勢に、学ぶことの多い会になりました。ボランティア終了後、石巻市内で昼食を済ませ、仙台から新幹線で東京へ移動しました。

テーブルマナー講座

テーブルマナー講座

 予定通り東京に到着し、バスでホテルメトロポリタンエドモンドに移動しました。夕食はテーブルマナー講座を受講。フランス料理のフルコースをナイフフォークの使い方や食し方を教えていただきながら美味しくいただきました。入浴後、本日の研修のまとめを行い、無事一日を終えることができました。

修学旅行の取り組みはこちら(各ページに遷移します。)

 

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース グローバル人材を育成する国際交流 進路進学実績 東洋大学と連携した指導 クラブ活動主な実績