55回生 修学旅行2日目

2018年6月13日(水)

 

 2018年度(平成30年度)第2学年55回生修学旅行を、6月12日(火)~6月15日(金)までの期間で実施しています。
今年度は、震災学習や班別自主研修を取り入れ、大学や企業を訪問し、本校のモットーである「考えるを、学ぶ。」を実践することを目的としています。スーパー特進・特進コース(C班)は宮城・東京に、総合進学・体育コース(A班・B班)は東京へ行きます。

 以下はその様子です。

修学旅行2日目

A班・B班:運動部員早朝練習

 起床時間より早く起きて運動部員全員でホテルの前で体を動かしました。朝食はバイキング形式で、たくさんの種類の料理を美味しくいただきました。

   

A班:浅草からお台場へ

 浅草より水上バスに乗り隅田川の景色を見ながらお台場に向かいました。

   

 到着後、お台場を各自散策したのちクラス写真を撮りました。撮影後、「シズラー」で昼食を頂き、各班に分かれて班別分散体験学習に出かけて行きました。

   

B班:スカイツリーから浅草へ

 まずスカイツリーへ移動し、約2時間展望デッキ見学や買い物を楽しんでいました。

  

 昼食は浅草へ移動し雷門すぐ横の「三定」で天ぷらをいただきました。

   

 その後、生徒たちは班ごとに分かれて班別分散体験学習へと向かいました。

A班・B班:夕食の様子

 2日目の午後は班別分散体験学習として様々な企業訪問等へと向かいました。体験終了後は17時30分までのホテル帰着を目指して各自東京散策を楽しみました。夕食はホテルにてバイキング形式を楽しみました。

C班:女川見学後、石巻市へ移動

 朝食後、シーパルピア女川を訪ね壊滅的な被害から全く新しい街となった女川を見学しました。その後、6班に分かれて石巻の仮設住宅や復興団地でボランティア活動や住民の方との交流を行いました。震災当時の様子や現在の暮らし、そして心情などを伺い、多くのことを学ぶことができました。

   

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース グローバル人材を育成する国際交流 進路進学実績 東洋大学と連携した指導 クラブ活動主な実績