製作した缶詰

(商品開発した缶詰)

(特産品開発 記者発表の様子)

多世代交流

(近隣幼稚園生との交流 大根抜き)

2020年度活動記録

経済産業省 近畿経済産業局HPに「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」がアップされました

経済産業省 近畿経済産業局のホームページに「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」の受賞作品や動画、写真が掲載されました。PROJECT TOYO授賞式の動画は再生開始20分から開始されます。ご興味のある方は、是非ご覧ください。

 

近畿経済産業局のホームページ「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」

https//www.kansai.meti.go.jp/7kikaku/ideacontest2020_hyousyoushiki.html

表彰式及びプレゼン会の様子後半(動画)20分からPROJECT TOYOの授賞式

https//www.youtube.com/watch?v=ndel4kRhB-I&feature=youtu.be

 

鹿肉缶詰 製作発表

12月24日(木)鹿肉缶詰の製作発表会を行いました。畑作業を始めてから2年、鹿による農作物への被害を知り、姫路猟友会の方々が個体管理されていること、そして、その鹿肉を夢咲鹿工房さんが食材として命の有効活用をされているということを学びました。そして、そのお手伝いをしたいと思い、鹿肉を使用した缶詰を2種類製作しました。
1種類目は、「鹿 トマトソース味(バジル)」です。ソースたっぷりの缶詰のためスープとしても、パスタに絡めても美味しく頂けます。2種類目は、「鹿 バター醤油味」は濃いめの味付けのため、ごはんのおかずにぴったりです。生徒たちが何度も試作をして美味しい缶詰ができました。
現在「夢乃そば」さんで販売中です!是非、ご賞味ください!

新聞掲載

・産経新聞 12月25日(金)朝刊

・朝日新聞 12月29日(火)朝刊

取材の様子 取材の様子

「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」近畿経済産業局長賞 表彰式に参加しました。

12月1日(火)“エル大阪”で行われた「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」表彰式で、本校PROJECT TOYOの2年生が近畿経済産業局長賞受賞しました。近畿の応募170件の中から上位7件に選ばれたことに生徒たちは喜び、また、他校のプレゼンテーションを見て大変刺激を受け、来年度も賞をもらえるように活動を続け、あわせてプレゼンテーションの能力も高めたいと話し合いました。

テレビ報道
・J:COM 放送日:12月8日(火)18時から ジモト応援!大阪つながるNews
・Eo光チャンネル 放送日:12月2日(水)ひる12時 情報スパイス

新聞掲載
・日刊工業新聞 12月2日(水)朝刊
・神戸新聞 12月3日(木)朝刊

以下、授賞式参加生徒の感想の一部です。
(副部長企画)他校の受賞者のプレゼンテーションを見て、勉強になりました。自分たちの活動に対して賞を頂けたことは、とても刺激になりました。今後、より一層活動に励んでいこうと思います。
(副部長デザイン)入部した時には、ここまで大きな活動ができるとは思っていませんでした。部員と先生で力を合わせて大きな賞を取れました。来年度も選ばれるよう後輩を支えて次の代にも引き継いでいきたいと思いました。
(書記)受賞された方々のプレゼンテーションを見ることもでき、とても勉強になりました。どれも個性あふれるプレゼンテーションだったので、楽しかったです。学生生活の中でも、とても良い経験をさせて頂いた一日だと思いました。

授賞式の様子 

                           (左:米村近畿経済産業局長と部員)

「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」近畿経済産業局長賞 受賞!!

内閣府主催、経済産業省共催の「地方創生☆政策アイデアコンテスト2020」において、近畿経済産業局長賞を受賞しました。近畿地域140の応募作品の中から、地方を元気にする政策アイデアとして、高校の部で7作品に選ばれました。

作品名:『休耕田を利用して地域創生 コロナに負けるな 青空の下で!』

表彰式:2020年12月1日(大阪)

 

 

2019年度実績

地元の休耕田をお借りして姫路若菜を栽培し、姫路若菜を使用した缶詰を2種類製作しました。
また、大根も自分たちで栽培したものを地元の幼稚園生と一緒に収穫し、その大根で缶詰を製作しました。
缶詰は、「夢乃そば」さん・「ヤマダストアー」さんで販売されています。また、新聞等にも掲載され、ラジオ出演もさせて頂きました。

畑作業 ラジオ出演 

部活動一覧 

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース グローバル人材を育成する国際交流 進路進学実績 東洋大学と連携した指導 クラブ活動主な実績