1. 附属姫路高等学校 >
  2. >
  3. 第59回入学式を挙行しました

第59回入学式を挙行しました

2021年4月9日(金)

校門前撮影のようす 入学式全体

 新入生を祝福するかのような晴天のもと、第59回東洋大学附属姫路高等学校の入学式を挙行しました。

第59回東洋大学附属姫路高等学校入学式

学校長式辞
学校長 
 学校長からは、「高い志を持って、自らの可能性に挑戦していく」「自らを律する力と他者と強調する力を身につける」という、心にとめて努力してほしい2つのことの話がありました。自分の生き方、つまり人生哲学を持つことが大切で、「自分はどのような人間になりたいか、どんな生き方をしたいか、何で社会貢献したいかを考え、理想を持ち、夢を志に変え、グローバル社会をしなやかに、そしてタフに生き抜き、あなたの生きていた証が人々の心に残る、そんな人物になっていくその礎をこの東洋大姫路で培ってほしい」と願いました。
→学校長式辞(全文)はこちら
理事長告示

理事長告辞

 理事長告示を吉田教頭が、代読しました。東洋大学の建学の精神である「諸学の基礎は哲学にあり」にふれ、読書をすることやよき友人、よきライバルを持つことを通して、自らが考えることの大切さを学び、明るく楽しい、有意義な学校生活を送ってほしいとメッセージを送りました。

生徒宣誓

新入生代表

 新入生代表が東洋大学附属姫路高等学校生としての自覚を持ち、歴史と伝統を受け継いでいきたいと決意を述べました。

学年団紹介

教員紹介

 式の後、教頭が第1学年団の先生を紹介しました。

学年主任のあいさつ
 学年主任の講話

 自身の人生経験から、自分の夢や思いを持ち、それを言葉にして周りに伝えることで、思いを知った周りからの協力を得ることができ、自分の夢を叶えることができることを新入生に伝えました。

ホームルームの様子

  教室

 入学式終了後、高校1年生として新しいクラスで初めてのホームルームを行いました。

高等学校入学式 学校長式辞(全文)

第59回 東洋大学附属姫路高等学校 入学式 式辞

 書写山の木々が若葉を吹き出し、新たな命の躍動を感じる季節を迎えました。本日、ここに第59回東洋大学附属姫路高等学校の入学式を挙行できますことは、本校教職員はもとより、在校生にとりましても大きな慶びとするところであります。あいにく、コロナ禍ですので、密を避け、規模を縮小しての入学行事ではありますが、保護者の皆様にはご理解賜り、ご臨席いただきましたこと、心から厚く御礼申し上げます。

 さて、ただ今入学を許可いたしました366名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。私ども教職員一同、皆さんの入学を心から祝福し歓迎いたします。

 本校の母体である東洋大学は、早稲田大学に並び、創立134年の歴史と伝統を誇り、志願者数もトップクラスの人気のある全国有数の大学です。学祖である井上円了先生は「諸学の基礎は哲学にあり」といわれ、また、「人間愛の自覚に欠けた学問はいかに進歩しても人類に貢献しない」と明言され、それを教育理念とし、本校もその教育理念を受け継いでいます。哲学とは物事の本質や真理を深く考え、追究することです。物事の本質を考える一つの例として本日最初におかけした国歌について考えてみましよう。まず、ギネスブックに載っている、世界中で最も古い時代に作られ現在使われている国歌はどこの国の国歌ですか? 日本の「君が代」なのです。君が代の元歌は1200年前の古今和歌集に出ています。その時は「わが君は・・・」という恋歌でした。800年前に和漢朗詠集でこれが「君が代は・・・」になって詩吟のように歌われはじめました。明治になって日本が国家となったとき、海軍が他国の港に行くと国歌を演奏するのですが、我が国は国歌がない。そのため、海軍大将の児玉源太郎は日本国民皆が知っている祝いの歌を国歌にしたのが、この「君が代」です。では、「君が代」の「君」とはだれのことでしょうか?「君が世」の「君」は天皇陛下のことではありません。その場合は大君と言っていますし、世ではなく、御世というということは古文で習われると思います。「君」とはあなたのことで、今日のこの日、この場では皆さんのことなのです。皆さんの門出を祝う歌なのです。ご存じでしたか?ですから、うわさやうわべの事柄に惑わされず、物事の本質を見極めるために学び、学んだことを社会貢献に活用する人を育成するというのが本校の教育理念なのです。

 入学に当たって、私から2つの事をお話しします。心にとめ、努力してほしいと思います。

 1つ目は「高い志を持って、自らの可能性に挑戦してほしい」ということです。昨今、情報化やグローバル化、そしてこの度の世界中を震撼させているコロナ禍といった社会変化が加速度的に進展しています。このような時代において、皆さんに期待されるのは、社会変化を前向きに受け止め、高い志と理想を持ち、課題を克服していく人となることです。本校での教育活動の中で、大いに学び、心身を鍛え、高みを目指していく気概と志を持って、自分の可能性に果敢に挑戦してくれることを期待します。学習、部活動、生徒会活動などそれぞれの分野で、主体的に参加し、地道な努力を続けてください。「能力の差は小さいが、努力の差は大きい」という言葉のように、文武両道を目指し、日々の努力を怠らぬ人であってください。そして、「成長したい、さらによくなりたい」と思ってほしいのです。 「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉があります。これは、鳥の雛が卵から出ようと鳴く声と母鳥が外から殻をつつくのが同時である、つまり「学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じる」と言うことを意味しています。どうか、皆さんは自ら学びたい、成長したいと思ってください。そうすれば我々教職員もそれに全身全霊で答えたいと思います。どんな高い山も、一歩一歩登っていけば、必ず頂上に到達できるように、これからの3年間、その積み重ねで、皆さんは想像もしなかった素晴らしい未来を手にすることになるでしょう。

 2つ目は、「自らを律する力と他者と協調する力を身につけてほしい」ということです。秩序ある社会の形成者として、学校や社会のルールを守ることは当然です。自由主義をはき違え、自分の欲求のためなら他者の自由を迫害してもよいと考えている人間ではなく、規範意識を持って、自らを律する力を身につけた人であってください。また、他者と協調するためには、相手を思いやることが重要です。思いやりを持ち、人の痛みや悲しみ、苦しみを理解し、差別やいじめを許さない社会づくりを率先してほしいと思います。人の気持ちを思いやることのできる人間とは、逆境の中でも誠実に、感謝を忘れず、諦めず、前向きに取り組んで困難を乗り越えた経験のある人です。これからの人生の中で様々な困難があると思いますが、無理とは言わず逃げ出さずに立ち向かい、友人や先輩、後輩、先生方など出会った人との縁を大事にして、協調して乗り越える力を養ってください。

 以上の2つは自分の生き方、つまり人生哲学を持つ事につながります。自分はどのような人間になりたいか、どんな生き方をしたいか、何で社会貢献したいかを考え、理想を持ち、夢を志に変え、富や権力で人権が脅かされつつある世界情勢の中、グローバル社会をしなやかに、そしてタフに生き抜き、自分の生きていた証が人々の心に残る、そんな人物になっていくその礎をこの東洋大姫路で培ってほしいと願っています。

 最後になりましたが、高校時代は子供の人生を左右するといって過言ではない重要な時期です。これまでとは比較にならないほどのスピードで子供は成長します。子供の健全な成長には学校と家庭、地域が連携協力して、共に子供達を育成することが大切です。保護者の皆様方には、学校の教育にご協力賜りますようお願い申し上げます。

 新入生の皆さんの輝かしい人生の礎を築くために、本校すべての教職員が全力でサポートいたします。本校での三年間が皆さんにとってすばらしいものとなりますよう心から祈念いたしまして、式辞といたします。

      2021年4月9日 東洋大学附属姫路高等学校長 大森茂樹

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース  グローバル人材を育成する国際交流  進路進学実績  東洋大学と連携した指導  クラブ活動主な実績