1. 附属姫路高等学校 >
  2. >
  3. 2019年度ニュース一覧 >
  4. 1・2年生のスーパー特進・特進コースが合同学習合宿を実施しました。

1・2年生のスーパー特進・特進コースが合同学習合宿を実施しました。

2019年4月26日(金)~28日(日)

 
 
 志んぐ荘(たつの市)で12年のスーパー特進・特進コースで合同学習合宿を実施しました。

この合宿は、次の3点を目的としており、教員による講義もありますが、自学自習の時間を多めにとることで、個々の生徒のペースに合った学習の在り方、特に休日の学習方法を確立させることに重点を置いています。

1.スーパー特進・特進コースとして欠かすことのできない自学自習の習慣を身につける。

2.各人の実情に合った効果的な学習計画の立案及び実施、改善を通して、家庭学習の方法を習得する。

3.集団生活の中で求められる規律遵守及び規範意識を高める。

1日目

 

 

 開校式では2年生の学年副主任から、「何のためにこの場所で勉強するのか」「それぞれの課題を達成するために必要なことを考えよう」と激励の言葉がありました。

今回の合宿は自学の時間が多く、生徒によってどの教科をどれだけ勉強するのか自分で計画を立てるということを目標に取り組みました。

特進コースでは夜に交流会が行われました。2年生が1年生に勉強の仕方や部活との両立など様々なアドバイスをし、意見交換が行われました。

2日目

 ]

 

 630分に起床し、ラジオ体操。朝食後8時から学習に入り、自学や授業を行いました。

午後からは1時間近くハイキングに行き、たつの市の自然に触れながら疲れた脳をリフレッシュしました。帰ってきてからはまた自学・授業に取り組みました。

3日目

 

 最終日も自学・授業に取り組みました。疲労も溜まっている中で最後まで集中して取り組むことができました。

「みんなと一緒だったから楽しみながら最後まで頑張ることができました」と感想を述べる生徒が数多くいました。

この合宿で取り組んだ自学自習の習慣を自宅に帰っても継続したいと意気込んでいました。

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース  グローバル人材を育成する国際交流  進路進学実績  東洋大学と連携した指導  クラブ活動主な実績