1. 附属姫路高等学校 >
  2. ふるさと納税寄附金で、高校生の応援を|ひめじ創生市立・私立高校支援プロジェクト

ふるさと納税寄附金で、高校生の応援を|ひめじ創生市立・私立高校支援プロジェクト

「ふるさと納税」で東洋大学附属姫路高等学校を応援できます

 姫路市では、ふるさと納税の寄付金の使い道を寄付者が9つのテーマから自由に指定することができ、自分が納めた税金が自分の希望する用途に使われるようになります。その中に「ひめじ創生市立・私立高校支援プロジェクト」があり、東洋大学附属姫路高等学校がそのうちの1校として応援対象となっています。皆様から本校に応援をいただきましたならば、益々の教育環境の充実やスポーツ文化活動等に活用していく所存です。ぜひ応援をお願い申し上げます。

目次

ふるさと納税について

 ふるさと納税とは、自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限があります)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円―2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

ひめじ創生市立・私立高校支援プロジェクト

 姫路市が高校教育の魅力化や高校生の支援活動を通じて地域と高校生の繋がりを深め、高校生が自分たちのまちに誇りを持てる環境をつくることを目指し、「ひめじ創生市立・私立高校支援プロジェクト」を創設しました。
寄附者が支援したい高等学校を選択してふるさと納税を行うと、寄附を受けた姫路市は寄附額の90%を寄附者が指定した学校へ助成し、残り10%を姫路市の教育振興に活用する仕組みです。
所在地を問わず、納税が可能です。更に、姫路市外の方は「返礼品」の受け取りができます。

対象校

東洋大学附属姫路高等学校、賢明女子学院高等学校、淳心学院高等学校、日ノ本学園高等学校、姫路女学院高等学校、姫路市立姫路高等学校、姫路市立飾磨高等学校、姫路市立琴丘高等学

控除を受けるには

 控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。
ただし、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することが可能です。

ご寄付の例

 例えば、この制度により姫路市に10万円をご寄附され、本校を支援先としてご指定頂いた場合

ご寄付の例のイメージ図

寄附のお申し込み

寄附のお申し込みはこちら

ふるさとチョイスのサイトが開きます

お問い合わせ先

ご不明な点などがございましたら下記までご連絡ください。

東洋大学附属姫路中学校・高等学校 事務室

電話:079-266-2626

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース  グローバル人材を育成する国際交流  進路進学実績  東洋大学と連携した指導  クラブ活動主な実績