日本学生支援機構

 

日本学生支援機構大学等奨学生予約採用申込について

高等学校三学年 保護者の方へ

日本学生支援機構大学等奨学生予約採用申込の案内について

 

標記の奨学金(給付、貸与)予約の申込みを行います。予約の申込みとは2021年4月に

大学・短期大学・専修学校(専門課程)へ進学を希望される生徒を対象に、入学後の

奨学金申請を高校在学中に前もって行うものです。当該奨学金を希望する方は、

下記の期間に直接取りに来るか電話等で事務室へ申込み、申込関係書類を受取った後、

必要書類を添えて提出(郵送・持参可)してください。

なお今年度は、在学中の予約募集の案内は今回のみとなりますのでご注意ください。

 

 申込関係書類の配付期間 : 6月22日(月) 16:30まで

 

 2.提出締め切り 第1回申込 : 6月1日(月) 16:30まで

            第2回申込 : 7月1日(水) 16:30まで

   ※早期の決定ができるよう、できるだけ第1回申込期間中に提出してください。

 

 3.提出場所 事務室

 

 4概要

   (1)生徒本人への給付金または貸付金で、学力・家計基準に従い選考があります。

   2)進学希望者が対象です。ただし、進学先の学校が奨学金を取り扱っていなければ奨学金を

      受けることができませんのでご注意ください。

 

 5. 給付奨学金の種類・月額・申込基準等

種類 月額 申込基準




【第Ⅰ区分】
国公立・自宅   29,200円
国公立・自宅外  66,700円
私立・自宅    38,300円
私立・自宅外   75,800円

 

【第Ⅱ区分】
国公立・自宅   19,500円 
国公立・自宅外  44,500円
私立・自宅    25,600円
私立・自宅外   50,600円


【第Ⅲ区分】
国公立・自宅     9,800円
国公立・自宅外  22,300円
私立・自宅    12,800円
私立・自宅外   25,300円

学力基準:(1)もしくは(2)
(1)高校一年生から二年生までの全体の評定平均値(5点
満点)が3.5以上である
(2)将来、社会で自立し、および活躍する目標をもって
強い修学の意志と意欲があると認められる
※修学の意志と意欲は学校指定様式のレポートを
提出することで確認します。詳しくは担任の
先生に聞いてください。


家計基準:(1)および(2)
世帯の所得金額に基づき三つに区分されます
(1)収入基準:生徒本人と生計維持者(父母等)が住民税
非課税世帯またはそれに準ずる世帯
(2)資産基準:生徒本人と生計維持者(父母等)の資産
合計が一定額未満である
※生計維持者 1人の場合:1,250万円 2人の場合:2,000万円

 

【給付奨学金の収入・所得の上限額の目安】                    (単位:円)

世帯人数 2人世帯 3人世帯 4人世帯
世帯構成例 本人・親1 本人・親1・中学生 本人・親1・親2無収入・中学生
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
第Ⅰ区分 2,070,000 1,250,000 2,210,000 1,370,000 2,710,000 1,720,000
第Ⅱ区分 2,980,000 1,760,000 2,980,000 1,780,000 3,030,000 1,910,000
第Ⅲ区分 3,730,000 2,300,000 3,730,000 2,340,000 3,780,000 2,550,000

※表中の数字はあくまで目安です。

 

 6. 貸与奨学金の種類・月額・申込基準等

種類 月額 申込基準
第一種奨学金
(無利子)
20,000~64,000円
※進学先の学校種別、国公私の別、通学形態によって定まる金額から選択
学力基準:(1)もしくは(2)
(1)高校一年生から二年生までの全体の評定平均値
(5点満点)が3.5以上である
(2)住民税非課税世帯等であって、大学等における
学修に意欲がある

家計基準:(1)もしくは(2)
(1)生計維持者(父母等)の年収が第一種奨学金の
収入基準額以下である
(2)住民税非課税世帯、生活保護受給世帯、または
社会的擁護を必要とする人
第二種奨学金
(有利子)
年利3%上限
通学形態等に関わらず、20,000~120,000円から10,000円単位で選択 学力基準:高校一年生から二年生までの全体の学習成績が平均水準以上である

家計基準:生計維持者(父母等)の年収が第二種奨学金の収入基準額以下である

※ 上記奨学金に1回限りとして入学時特別増額貸与奨学金(100,000~500,000円から100,000円単位で選択・有利子)を付け加える制度もあります。

※ 奨学金(入学時特別増額貸与奨学金含む)の貸与が始まるのは入学後、進学手続きが完了してからになります。入学金等の納入時には貸付は間に合いませんのでご注意ください。

 

【貸与奨学金の収入・所得の上限額の目安】                               (単位:円)

世帯人数 2人世帯 3人世帯 4人世帯
世帯構成例 本人・親1 本人・親1・親2無収入 本人・親1・親2無収入・中学生
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
給与所得
(年間収入金額)
給与所得以外
(年間所得金額)
第一種 7,790,000 3,710,000 6,570,000 2,860,000 7,470,000 3,490,000
第二種 10,360,000 6,280,000 10,090,000 6,010,000 11,000,000 6,920,000
併用貸与 7,070,000 3,210,000 5,990,000 2,450,000 6,860,000 3,060,000

※併用貸与とは、第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることです。

※表中の数字はあくまで目安です。

 

生計維持者(父・母、または代わって家計を支えている人)の収入に関する証明書として

マイナンバーカード裏面、マイナンバー通知カード、マイナンバー記載の住民票のいずれかの

コピーが必要です。無職(専業主婦・専業主夫)や扶養されている場合でもマイナンバーを

確認できる書類のコピーを用意してください。

マイナンバー関係の書類は学校への提出ではなく日本学生支援機構へ

簡易書留で提出してください。

 

 

【印刷用】日本学生支援機構奨学生予約採用申込の案内について